輝く桜の下で

西日を浴びて輝く桜の下。ワンコの散歩をしている女性。
のどかな光景ですね。

EOS-1DsMark2
_R8W3461m.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

こんばんは。

西日が見事に桜を照らしていますね~!スゴイな!!!
ワンコの散歩をスパイスに。
うんうん!makotoさんらしい一枚でした。
お見事ですね(^・^)

お早う御座います。
画面一杯にさくら、其の下方に
女性とワンコ、コンナ撮り方のお手本に
なります。

どうも、日本一住みよい静岡県の陽気と
信州の冷たい空気とは約一ヶ月の違いが
在りますね。
高遠の桜はマダマダ硬い小さな蕾です。

体の調子も相当良さそうな気配を
感じます。(勝手にそう空想するのですが)

kusanagiさんへ

makotoさん、チョッと失礼をします。
この板をお借りします。

kusanagiさん、たんぱく質や脳内の神経に
関する事を読ませてもらいました。
博学ばかりでなく、其れを伝える文章の
巧みさに、いつも感心してばかり居ます。
私への記事を(makotoさんや他の読者にも
読んで貰いたい気持ちも有るかと思いますが)
有難う御座いました。

温かい写真ですね。

心をほんわかさせてもらえる、あったか~い一枚だと思います。
こんな一こま撮ってもらえて、桜も喜んでいると思いますよ。^^

この桜のショットはフォトXPでも見れるんですが、あちらは
もっと高精細画像。フルスクリーンです。
私事ながら、今までずっとネット画像を、モニターは液晶で
すが、アナログ接続で見ていたんですね。
それでデジタル接続でも見れるわけで、別PCでもってデジ
タル接続にもしてみました。

正直言って、デジタル接続は絵がきつ過ぎますね。
なるほど細部のクリアな描写は、デジタルに軍配が上が
るんですが、全体の雰囲気は、やっぱりアナログがいい。
と、自分では感じます。
makotoさんのレンズはデジタルレンズですから、非常に
クリアで解像度も高い。驚くほどの高精細な情報密集力
だと思います。

しかし考えてみると、デジタルカメラで撮って、デジタルモ
ニターで見るということは、入口も出口も全部デジタルに
なってしまうということでしょう。
私の好みとしては、どこかにアナログの雰囲気を残して
おきたいなあっていうことです。フィルム写真の良さという
のがあれば、正しくそのことだと思います。

最近思うんですが、オールデジタルというのは、写真だけ
に限らず、文字データでも、ほんとにそれでよいのか?
という内省的疑問が私の中に出てきているんです。
時代は、もうすぐ電子ペーパーとなりそうです。もう新聞も
本もデジタル化するのか? 本当にそれでよいのかという
疑問附が頭の中を渦巻いています。
それで最近、プリンターを復活しました。文字データ用で
すから黒白レーザープリンターです。
文字や図形をモニターで見るんじゃなくて、紙プリントをし
て見ることにしたんです。そうすることでより深く考えられ
るんじゃないかと思って。

もちろんこの投稿文はモニターを見ながら打って、そのま
ま投稿になります。しかし重要な文字ものは、手間を掛け
てプリントをする。そういうように、これから変えていこうと
思っています。
それから、プリンター復活と言っても、写真は無理ですね。
あまりにもコストが掛かり過ぎますから。
それで写真はモニター鑑賞で済ますが、文字データ処理
は紙を通す。そういうことになりそうです。それで自分なり
にデジタル情報のバランスをとってみたいなあと考えるの
です。

makotoさんばかりでなく、私もデジカメの遍歴はすごくて
自分でも病気なの?(笑)と、呆れるほどなんですが、そう
いうのも、結局は写真がオールデジタリング(つまりプリン
トというアナログをしないこと)なって、それゆえに不満足
感というのか、永遠に満たされないものがあって、結果と
してカメラを換え続けていくのでは?と考えるんですよ。

デジタルには、どこか伏兵がいるというか、やっぱり一筋
縄ではいかないようですね。いつのまにかデジタルに囲い
込まれて囚われの依存症になっている自分がいるんです。
デジタル、つまりコンピューターというのは、大変な代物な
んでしょうね。
こいつが世の中を、世界中を変てしまって、むろん自分自
身も抜け出せない程にどっぷりと漬かってしまっている。
こいつを何とかしないことには、と切に思います。

この写真、雲海が流れるような桜花騒乱です。桜華が画面
を躍動的に侵食しているかの様。
いつもながら美を切り取るmakotoさんの尋常ではないセン
スに驚きます。

KENTさん

> こんばんは。
>
> 西日が見事に桜を照らしていますね~!スゴイな!!!
> ワンコの散歩をスパイスに。
> うんうん!makotoさんらしい一枚でした。
> お見事ですね(^・^)

先月の河津桜の続きです。
夕方近くになると、美しさが一段とアップしてました。
夜桜はポイントをミスってろくでもないものしか撮れませんでしたが・・・

小彼岸桜さん

> お早う御座います。
> 画面一杯にさくら、其の下方に
> 女性とワンコ、コンナ撮り方のお手本に
> なります。
>
> どうも、日本一住みよい静岡県の陽気と
> 信州の冷たい空気とは約一ヶ月の違いが
> 在りますね。
> 高遠の桜はマダマダ硬い小さな蕾です。
>
> 体の調子も相当良さそうな気配を
> 感じます。(勝手にそう空想するのですが)

先月の今頃の南伊豆での一枚です。
この桜が特別早いってのもありますが、長野と静岡は相当違いますよね。
高遠、今年は行けるんだろうか・・・

体調は、残念ながら多少回復してから変化ナシです。
相変わらず痛みと戦いながら1時間おきくらいに目が覚めて眠れません・・・

ちゃばさん

> 心をほんわかさせてもらえる、あったか~い一枚だと思います。
> こんな一こま撮ってもらえて、桜も喜んでいると思いますよ。^^

毎年この時期を楽しみに暮らしてきましたが、終わってしまうと抜け殻のようになってしまいますね・・・
早くソメイヨシノが咲かないか待ち遠しいのと同時に、治らない首と背中が歯がゆいばかりです・・・
このまま痛みが残って暮らすことになるかも知れません・・・

kusanagi さん

デジタルって何でもそうですが、デフォルメされているような表現が多く、違和感が常に残りますね。
写真もオーディオも同じ。
自然には到底及ばないことをつくづく思わされます。
写真に関しては、デジタルのクッキリ、シャープ、ど派手に慣れてくると、ポラとかの自然で、未完成な描写にはっとさせられることも多いですね。
この辺がトイカメラなどの人気が高い理由でしょうか。
あちらは、絵画に近いセンスが要求されるのかな。
あんな写真がデジタルで撮れたらなぁって思いますね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。