消火栓・・・?

DSC_2840m_20100307080034.jpg
Nikon D2H (2006年ごろ)


天気も悪いので、少し温かみのあるショットを・・・
と言っても消火栓です・・・?
信州、蓼科で撮りました。
3~4年前でしょうか、5月の終わり頃通り掛かった別荘地で目に止まったた光景です。
何故か絵になって見えて、Uターンして撮った覚えがあります。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

約約戻ってまで撮っただけあって
風情を感じますね。
消火栓の色褪せた感じがしっかりと
出て居ます。
背景がグラジュエイトにボケているので
一層趣が伝わってきます。

今晩は!

黄色い一面に咲いたタンポポとそれを見守るかのような赤い消火栓!
暖色系の彩りが暖かい雰囲気を醸し出しますね♪
こんな野原でこしを下ろしてのんびりしたいです!

群生している花ってどうも上手く撮れないな~って思っていたのですが、、アクセントの入れ方、ピントの位置、絞りなどとても参考になりましたm(_ _)m

懐かしいなー。最近お目にかからなくなってしまった形のですね。
蓼科ですか。
息子が小さい頃、スキーとか横岳や白齣池のハイキングとかで良く行きましたが、この消火栓は気がつきませんでした。
周りのタンポポも良い感じですね。

小彼岸桜さん

> 約約戻ってまで撮っただけあって
> 風情を感じますね。
> 消火栓の色褪せた感じがしっかりと
> 出て居ます。
> 背景がグラジュエイトにボケているので
> 一層趣が伝わってきます。

何か気になって、何気に見たら絵になってました。
このときUターンすることも多いのですが、「まぁいいや・・・」って通り過ぎることも多いです。たいがいこんな時は後悔しますね・・・

haruさん

> 今晩は!
>
> 黄色い一面に咲いたタンポポとそれを見守るかのような赤い消火栓!
> 暖色系の彩りが暖かい雰囲気を醸し出しますね♪
> こんな野原でこしを下ろしてのんびりしたいです!
>
> 群生している花ってどうも上手く撮れないな~って思っていたのですが、、アクセントの入れ方、ピントの位置、絞りなどとても参考になりましたm(_ _)m

群生の花は難しいですよね。
見る人の目線が定まらないからでしょうか。
何かアクセントになるといいですよね。
ここのタンポポ癒し効果満点でした。
ここは花粉も無かったし(~_~;)

いろいろと小うるさいことを申し上げましたが、写真をや
っていることによって、万一でも現実の生活が脅かされ
ることがあれば、これはゆゆしき事体ということであって、
そういう懸念からコメントとしては大きく逸脱してしまった
かもしれませんね。

ところで、これからのデジタル写真の芸術方法は、大方
はこういう方向になるんじゃないかなって考えています。
http://capuphoto.exblog.jp/
こちらの瀬戸や四国の光景はこんなものだと思ってくだ
さって結構です。
この方は、私の知り合いのまた知り合いで(笑)、直接面
識はないのですが、撮影場所など私と全く同じフィールド
が多々あります。
私とおなじ場所を撮影しても、こんな風になるのかあ(笑)、
と色々と考えるものがありますね。

私の場合は、時間がとれないので撮影が出来るだけで
OKなんでして、後処理のことは考えておりませんが、や
はりデジタル芸術の観点からすると、いかに鑑賞者のイ
メージングを高めるかが勝負になるように思います。
また別の人ですが(多少の面識が)、その方は最初から
写真ではなく、平面芸術から出発なされた作家で、今は
写真を使っての作品を発表している人がいます。
その人もほぼ、こういう方向のスタイルですね。ただしプ
リント紙は和紙などを使ったりですが。

こういうものは、一般のアマチュア写真家からすると、これ
はもう写真ではない、と思われるでしょう。
しかし写真がデジタルになって時点で再び絵画的な表現
に復活していると捉えることも可能だと思っています。
またそういう方向にしなければ一般の鑑賞者の賛同を得
られず、販売ができないという現実があります。

それから、このように思いっきり芸術方向に振ってしまう
と、既に申し上げましたように、写真と現実の混同が起
こることはなくなりますね。
写真芸術は「芸術」で、現実光景は「現実」というハッキリ
とした区分が頭のなかで出来るからです。
私の場合は後加工もせず、そもそも撮影は基本的な記
録一本でやっていますので、こういうデジタル芸術からは
もっとも遠いのですが、こういう新しいデジタル芸術にも
賛同できる気分があります。

これからデジタル写真の方向は百花繚乱の相を帯びてく
るように思います。上記のデジブックなるフォトムービーな
んかもそうですね。
これからは素写真と、デジタル加工写真の区分もできてく
るんでしょう。面白い時代になったものだと思います。
http://www.digibook.net/open_blogparts.php?cd=u[qADoJkJ5szMTTPWe]r[5ed9ff93b831d6627f6a8e79a3488215]
http://www.digibook.net/open_blogparts.php?cd=u[gIKkAoDJlLMjCqU2]r[5ed9ff93b831d6627f6a8e79a3488215]

PENNさん

> 懐かしいなー。最近お目にかからなくなってしまった形のですね。
> 蓼科ですか。
> 息子が小さい頃、スキーとか横岳や白齣池のハイキングとかで良く行きましたが、この消火栓は気がつきませんでした。
> 周りのタンポポも良い感じですね。

よく行かれてたんですね。
信州、私もよく行ってましたが、ここ最近はあまり行けなくなってしまいました。
やはりコスト・・・燃費の良いクルマが欲しいです・・
春の信州はほんとうにいいですよね。

kusanagi さん

瀬戸内の光景っていいですよね。
数回しか訪れたことはありませんが、実に印象的で大変好きな場所です。
リンク拝見しましたが、ここまで芸術方向になると確かに現実感はなくなりますね。
でも、こういった写真を目指したいところです。常人には撮れない作風、仕上がり。
これらが脳内にイメージされていれば、被写体を選ばず、優れた作品が撮れそうです。
平凡な写真でガッカリして削除することも少なくなるでしょうか・・(^_^;)

最後のリンクは残念ながら表示されませんでした・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。