散策

こんな時代があったなーと懐かしくもうらやましくも思います。
今はギクシャクした家庭で、何を楽しみにしたらよいのやら・・・(~_~;)

1DsMark2
_R8W0832m.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

小彼岸桜さん

> 写真という立派な趣味がありまんがな。
> しかも、腕前も並ではなく、皆が認める
> 独特の感性で表現される超達人だと
> 思ってますよ。
>
> 写真ですがホントに誰にもコンナ時期が有ったでしょうが、
> 遥か遠くの過去の小さな時間になってしまい
> 思い出すのも容易では無いです。

ここのところ撮影にも行けずで燻ってます・・・
こんな時期に戻りたいですね・・・

やはり望遠はよろしいですな。
これくらいだと200ミリくらいですか。
発色も落ち着いていて一級品の色です。
ニコンだと、こういう渋さが出てこないですから。

私の場合、これよりももっと大きくして人物大写しのスナップ
をバンバンと撮るんです。「盗撮」って今は言いますね。(笑)
でもこういう人物が主体のスナップ写真は面白いんですよ。
確実に時代光景を記録しますし、無機質になりがちな写真に
暖かい人の人情を与えることができるからです。
人物写真には了承を得て撮影するストリートポートレートと
いうのがあり、そういうのも良いんですが、やはり無許可の
スナップ写真が断然に面白いんです。仕草も表情も自然です
から。

ただしネットには載せられません。載せた瞬間に盗撮写真
となります。この写真は後姿ですからOKですけど、顔が写っ
ていればもうダメですから。これはしかたないというか当然
のことです。
ネットで顔が露出しているのは、モデルさんだけですね。
もしくはそれに順ずるもの。祭りなどの踊り子さんなんか。
でもそういう、載せてもかまいませんよっていう写真はおよそ
スナップ写真とは言いがたいですね。
オリジナルの写真ではなく、誰が撮っても同じような既製品
写真です。

写真の腕がmakotoさんクラスであって、それで写真も仕事
も同じように行き詰まったっていう人達がいたんですが、そう
いう方に共通していたのは、簡単に言うとその方は自由な
スナップ写真が撮れなかったということです。
そもそもスナップ写真というのは、すこぶるいい加減なもの
なんです。
瞬間的に速写しますからピント、構図、ブレ、傾きなんてのを
いちいち気にしていたら撮れません。ノーファインダー撮影な
どは当たり前の世界です。いい加減、妥協、適当、というやり
方を了承できない人はスナップ写真が出来ないんです。

妙に型苦しい人、完璧主義者、写真に固定観念を持ってい
る人、考え方をひとつしか持っていない人、それを本気で正
義だと信じている人、そういう方々は自分の写真にも限界が
あるだろうし、さらには自分の生き方でも自ら限界を設けてい
るんですよ。行き詰まるのは当然ですね。

人物スナップ写真の真髄は、やはり撮影者の都合ではなく、
相手という被写体の都合でシャッターが切られるということです。
風景写真だと時間の余裕がありますから、撮影者は被写体
を制御、征服したような気分に陥りますが(それは本当は錯覚
です)、人物スナップはそうじゃない。相手の気持ちに第六感的
に合わせないといけないんです。

モデル撮影などで、自分の腕は凄いって自他ともに認める人
がスナップ写真に準じた写真を撮る、そういうことが実際にあ
って、しかも撮影対象が私のものと同じだったのでよく比較
できたんですが、残念ながらスナップ写真の出来具合は、いい
加減なタイプの私が圧勝でした。
まあカメラが私のがよかったということもあるんですが。しかし
レンズは向こうが断然に上です。やはり撮り方がぜんぜん
違っていたんです。あちらの写真は死んでいたし、私の写真は
生き生きとしていた。

写真は自由だ、そういうことがよく分かるのがスナップ写真
でしょう。とりわけ人物主体のスナップ写真は、無言の人と人
との交流が写真に芽生えてくるんです。
私の世代では人物スナップの意義を自覚しているんですが、
残念ながら、makoto世代くらいから下は、人物スナップ写真
は撮ってはいけないという、とても奇妙な自主規制をしている
んです。どうやらタブーのようなんですね。

例えば祭りなどで、観客に向けてスナップ写真を撮っている
と、側で露骨に嫌な顔をする若いカメラマンがいるんです。そう
いう人は写真は主催者から与えられた被写体しか撮ってはい
けないという固定観念を持っているんでしょう。なんともはや良
い子の草食系男子であることか。
写真は自由だから、私はうじゃうじゃといるカメラマンを狙って
撮影したことがあります。けっこう面白かったですね。(笑)

自分の撮った写真っていうのは、結果として自分の見方を
規制してしまうところがあるんです。ミイラ取りがミイラにな
るんです。
純粋培養というか蒸留水のように綺麗な写真を撮っている
と、自分の考え方もそのようになってきて、それで汚いものを、
それこそが本当の現実なんですが、それを排除するようにな
るんですよ。

高級で優れたレンズ、カメラ、被写体も綺麗なものばかりを
撮っていると、だんだんと自分自身も自然と現実から遊離し
てしまうんですね。そう、自分こそが不自然になってくる。しか
もそれに気がつかなくなっているんです。
これが一番恐いんですよ。

奥さんなんかは、きっとそういうことに気がついているんですよ。
あっ、この人、写真やネットをするようになってから人が変わ
ったわ、ってね。(笑) 
言葉や文には思想というものがありますよね。昔は若い人
が言葉の思想にやられちゃって人生を頑なにしてまったよう
なことがありましたが、今はビジュアルな画像というものに
よっても、偏狭に思想化(空気というやつ)しているんです。

kusanagi さん

確か150mmくらいで撮ったと思います。
私も望遠の方が好みで、邪魔者は写らないし、ボケを使ってメリハリのある写真が撮れるってことで好んで使う方ですが、何故かEOSにしてから17-40の出番が多いです。
撮るものが少々違うってのもありますが・・・
スナップは面白いですね。
街中では街の表情が、観光地でもストーリー性を感じる写真が撮れるので、逆に風景より枚数が増えたりします。
確かに盗撮と紙一重という感もありますが、肖像権に注意しながら楽しんではいます。
中々声掛けで撮るのも難しいし、意識されると半減しますもんね。

モデルの場合は、キレイな娘を撮れるのは良いのですが、同じ角度から撮ったら、皆同じ写真になってしまうので、イマイチ気乗りしないところがあるんです。
やはり個性を大事にしたい・・

makotoさんのコメントには自分の将来に不安を抱いてしまいます^^;

写真はすてきですねw

yubaさん

> makotoさんのコメントには自分の将来に不安を抱いてしまいます^^;
>
> 写真はすてきですねw

不安を感じることはありませんよ。
問題は私の環境で起っているだけです・・・(~_~;)
職場、自宅、・・
やはり大きいのは職場環境で、ここがうまく行かないと全ての流れが変わってきます。
子供も育て方でしょうか・・(気を使っていたつもりですが、中々こればかりは難しいです)
まだまだ将来に期待できるyubaさんだから、大丈夫ですよ。
何か有っても夫婦で乗り越えてくださいね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。