寒いです

寒いです。
冬に戻ったり、春のような気候だったり不安定です。
相変わらず会社の状況も酷いものです・・・
もうブログの更新すらする気が起りません・・

FD3_4812m.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

神秘的ですね

こっちはめったに霧が出ないので出るとなんだか嬉しくなっちゃいます(笑)

寒いですね~

ぼくのアルバイト先もひどいもんです。。。。

ホワイトアウトっていう風なイメージですね。
古くから写真の表現手法として、ハイキートーン、ローキートーン
というのがありますが、なんでもない光景がハッとする異次元
空間になったりするのでとても面白いのです。

私は撮影と同様にカメラ好きですから、個別のカメラだけでなくて
企業としてのカメラメーカーも好きなんですね。
日本のカメラメーカーは何方も異存なきブランド企業でしょう。
ブランドの定義として挙げられるのは、単に品質やデザインでは
なく、自分達の個性といいますか、頑固なほどに揺るぎなき自信
を持ち、その定見によって顧客に奉仕するということだろうと思う
んです。
ニコンにはニコンのやり方考え方があって、それはキヤノンとは
けっして相容れないんです。当然その逆もしかりです。オリンパス
もペンタックスもソニーもシグマも全て自社の製品に対する考え方
に自信を持っていますね。

ですからブランドというのは自由な社会でかつ自助努力の競争原
理が働いている場でしか出てこないのです。しかもその持続であ
る歴史と伝統が求められます。
そういうわけですから、たとえば中国がもっと発展しても、ブランド
企業や商品は発生しないと考えられています。まあブランド風とい
うのはあるんでしょうが。

ところでブランド企業と言われている会社が、自らのブランド性を
自覚することは、ある意味で危ういところがあります。
ひところのソニーがそうでした。
ブランドと認めるのはあくまでユーザーであって、決してメーカー
ではないのです。メーカーたる当事者が自社のブランドに酔ってし
まえば、それは自家中毒であり危険極まりないということです。

ニコンとキヤノンは細かいところまで尽く反対のやり方をするんで
すね。相手の真似はしない。子供っぽいほどに相手とは反対の
やり方をしようとする。仕方なく追従せざるを得なくなっても絶対に
物真似をしましたとは言わない。巧みに言葉を言い換えて自社独
自のものだという。(笑)
私はそういう頑固一徹なカメラメーカーが好きなんですよ。もしカ
メラがなくても写真が撮れるような時代になれば、例えばカメラが
メインのニコンは消滅してしまうだろうし、私自身も写真を撮ること
に興味を失うでしょう。

写真の色とか画質に関して、フィルム時代は数社の寡占メーカー
ばかりでしたが、デジタルとなってからはカメラメーカーの数だけ、
いやRAWソフトだって違うし、PCモニターでも違ってくるという具合
で面食らってしまうような時代になりました。
私はそういうの、大歓迎です。(笑) 昔は僅かなフィルムメーカー
とレンズの違いだけしかなかったものが今は何でも自由に選べる
のですから。

フィルムからデジタルになって写真が面白くなったのは、本当は
アナログとデジタルの技術的相違なんかじゃなくて、寡占状態か
ら脱して自由な企業間の競争が始ったからとも言えるんではな
いでしょうか。
どんな業種も寡占化してしまって技術革新が停滞すると面白くな
くなるんです。デジタル写真だってこれからキヤノンとニコンだけ
になってしまうとつまらなくなるでしょうね。


ところで写真というのは、非常に面白く不思議なところがあって、
撮影者の考え方や生き方が変わると、その撮影する対象とか
手法が変わるという特別な現象があるみたいなんです。
もしするとニワトリが先か卵が先かのように、撮影する方向や
やり方が変わると、撮影者自身そのものが変わるのかも知れな
いと考えています。とにかく同時進行現象があるようなんですね。

写真というのは画像なんですけど、要するに撮影者が見たものが
写真になるわけでしょう。見逃しているものは写真ならないんです。
自分が見たものと見ていないものを比べると当然ながらまだ見
ていないものが大部分なんです。
被写体を探すのに普通は面の広がりを求めますね。機動力が
あればそうとう遠くまで足を運ぶことが出来る。しかし質的変換
は面の広がりではありません。単にそれは量の拡大です。

自分の好きな特定のものだけを撮影する。これがフィルム時代
の熟欄期に流行ったんですね。写真以外の自分の趣味と併用
して、いわゆるジャンル写真の流行をみました。
今そういうやり方を踏襲している人は、写真への頭打ちをおこして
いるように思われてなりませんね。写真行為が本当の意味で
恐いと思うのは、自分の写真の行き詰まりが、即自分の生き方
のそれにリンクしているかのようになってしまうことです。
それは自分の写真を限定してしまうと、自分のモノの見方が同時
に限定されてしまうという、ある意味自家中毒的なフィードバック
現象を起こしてしまうからでは?と見ているんですが。

私自身、大昔にそういう失敗をしてしまったのではないか、という
懸念をずっと抱いていましたので、デジタルで写真を再出発する
ときに、同じような対象物や撮り方を2年以上は続けないでいこう
ということにしたのです。
だいたい2年やれば飽きるだろうし、不足だと思えばもう1年の3年
はやる。しかしそれ以上は続けない。マンネリになるからです。
趣味の写真がマンネリというだけならばどおってことがないんですが、
自分の生き方まで影響されると困ってしまうので3年で打ち切りです。

そうやって次々と新しい対象物に眼を開いていくのが、もしかすれ
ば本当の写真の面白さなんじゃないかなって思うんですね。
できれば2~3年ごとに以前よりもっと上の、上のって言うのは表現
が難しいんですが、より高度なテーマにステップアップしていければ
面白いんじゃないかなって考えるんですね。
それはともかくとして、自分の関心ごとを一定期間で変えていくって
いうのはおおいに大切だと思っています。

それから写真は映像だから、ビジュアル思考だけでやっていくって
いうのは限界があります。写真と活字っていう組み合わせが大切
だと考えています。活字思考というものが基本にあって、それを
自分なりに映像化する、写真思考というのはそれが本来のやり方
だと思っています。
活字思考というのは言葉、特に文語体での思考のことを言っている
つもりですが、現在はこれが急速に失われています。同じ言葉で
も今は口語体ですね。口語体でしか頭の中で考えられない人が多
くなっています。それとテレビの動画です。静止画文化は失われつ
つありますね。

私は古い人間ですので、口語体と動画の思考では人間としての
限界が出てくると考えています。そもそも写真に関心がある人と
いうのは、動画に限界を感じているから、静止画たる写真に関心
があるんではと思うんですよ。
それで静止画をもう一歩進めれば活字思考となるはずだと思って
いるんです。静止画と活字思考に共通するのは抽象的思考法だ
ということです。
つまり写真は見るのではなく読むのだ、といいますからね。

こんばんは。

>相変わらず会社の状況も酷いものです・・・


チョッと状況を掴めないのですが
余り良くないようですね。
一家を食わせるために男子は必死ですが
飯の種が順調ならニコニコ顔ですが、
そうでなかったら、全てに興味が
無くなりますね。

作品、下を白くボカシテ面白いし、良い
雰囲気です。

これ

この写真 好きです。
すごく好みです。

寒いですよね。。。いつまでたっても。
寒いし、疲れるし。
だんだんやる気もなくなってくるっちゅーもんです。
30年 技術畑で働いて、どんだけ開発してきたって、大看板はずしたら、なかなか働くところがない現状です。
いやだろうけど・・いまんとこはぶらさがってるほうが得策かもしれません。。。実情ははっきりわかりませんけど。

疲れますよね~・・・・。

nenさん

> こっちはめったに霧が出ないので出るとなんだか嬉しくなっちゃいます(笑)
>
> 寒いですね~
>
> ぼくのアルバイト先もひどいもんです。。。。

数年前の大雪のときの富士山麓です。
風で雪が飛んで気嵐のような天候でした。
とても外に出られる状況ではなかったので、ドアを開けて急いで撮りました。

職場、社員の賞与をカットして利益が出たから株主配当をアップすると新聞に載ってました。
従業員はほとんど知らされてませんでしたから、相当なブーイングです。
組合も何もないので、やりたい放題です。

kusanagiさん

確かにカメラメーカーごとの特徴っていうのははっきりしてて、特にここのところのデジの激戦で、更に明確なコンセプトが確立されつつあると思いますね。
そんなことから、どこのメーカーも”欲し”いと思わせる個性があって、それぞれを面白くしています。
これがクルマのようにどこも同じになってしまうと、趣味としては確率しなくなりますね。
ウチの業界はまさにそれで、競争力も、商品力も、企業力も落ちてます。
クレームもユーザーの質が悪化し、クレーマー系が増加、更に従業員(役員、部長クラスは全く関与してこないので)はどんどんモチベーションが下がる・・・
それに輪をかけるように賞与の大幅カット、で、こんかい利益が出たということで株主への配当がアップという記事を見つけ、もうメンタル面は最悪の状態になってます。

小彼岸桜さん

> こんばんは。
>
> >相変わらず会社の状況も酷いものです・・・
> <
>
> チョッと状況を掴めないのですが
> 余り良くないようですね。
> 一家を食わせるために男子は必死ですが
> 飯の種が順調ならニコニコ顔ですが、
> そうでなかったら、全てに興味が
> 無くなりますね。
>
> 作品、下を白くボカシテ面白いし、良い
> 雰囲気です。

2代目の経営者が最悪です。
どこかの首相のようで、クチだけで行動力も牽引力も何もない。
で、人の案にはけちをつけるだけで建設的な考えを持ちません。
そのくせ、売り上げが悪いから何とかしろ!とばかり。
机の上の沢山の本を読んで、勉強しているかと思いきや、ウチが出来てないことを全く見ようとせず、出来てることを見つけると「自分は正しい。」と勘違いしているとんでもないヤツです。
従業員のモチベーションが上がらないとどういうことになるのか想像もできないようです。

写真は、雪が強風で舞って気嵐を起こしている状況です。
ここにこれだけ積もるのは珍しいんですよね。
3年くらい前かな。

猫姫さん

> この写真 好きです。
> すごく好みです。
>
> 寒いですよね。。。いつまでたっても。
> 寒いし、疲れるし。
> だんだんやる気もなくなってくるっちゅーもんです。
> 30年 技術畑で働いて、どんだけ開発してきたって、大看板はずしたら、なかなか働くところがない現状です。
> いやだろうけど・・いまんとこはぶらさがってるほうが得策かもしれません。。。実情ははっきりわかりませんけど。
>
> 疲れますよね~・・・・。

ほんと疲れます。
恐らくこの調子だと、今年一杯が山でしょうね。
倒産するか、どこかに買収されるか・・・
どちらにしても、責任は取るつもりはないようですから。
社員の95%がそう思ってるはずです。

それにしても、こういう心境で落ち込んでいるときは、必ず励ましのコメントをくださいますよね。
嬉しく思います。

厳しい冬を乗り越え春が来る。
先にあるものが見えなくても、きっと春が来る。
かすむ景色の向こうにきっとよい景色がある。

そう思うから写真も人生もおもしろい!
先が見えたら人生も写真も魅力がなくなる・・・
なんて格好のよい事を書きましたが・・・

この景色良いですね!

今晩は!

今日から少しずつ暖かくなるそうですが、、寒かったですね~(>_<)

う~ん、お気持ちなんだかわかるような気もするなぁ。。私も2、3年くらい前から、なんとなく先行きは暗く塞がってどうしようもない気分になるときがあります。。
趣味どころじゃあないなぁって気持ちの時は、更新もパス!コメント欄も気力がないと開けられません。。

そんなときでも、カメラを持って特に写友さんと一緒に外に行くと確実に楽しいんですよね♪気晴らしにもなるし。。雲の切れ間の青空みたいな瞬間かなぁ。。根本の問題が解決したわけではないんですが、、なるようになるかな~って気もしてくるし・・

底にいるときは無理をしないで充電が一番ですよね!少しでも気分が上り坂になれば、趣味やそれを記録できるブログはあって良かった~!って本気で思えますし。。
きっぱり切っちゃうのはもったいないですから、、ボチボチ休養を入れながらお互いできればいいな~って思っちゃいます♪

今回のお写真も、本当にお見事ですね!いざとなればプロのカメラマンさんとしても充分通用できる腕と知識と技術だな~って思います(^o^)

オジジさん

> 厳しい冬を乗り越え春が来る。
> 先にあるものが見えなくても、きっと春が来る。
> かすむ景色の向こうにきっとよい景色がある。
>
> そう思うから写真も人生もおもしろい!
> 先が見えたら人生も写真も魅力がなくなる・・・
> なんて格好のよい事を書きましたが・・・
>
> この景色良いですね!

そうですね。
前向きな考え方、実に励みになります。
それにしても、この景気、何とかならないんでしょうかねぇ・・
政治家は全く役立たずです・・

haruさん

> 今晩は!
>
> 今日から少しずつ暖かくなるそうですが、、寒かったですね~(>_<)
>
> う~ん、お気持ちなんだかわかるような気もするなぁ。。私も2、3年くらい前から、なんとなく先行きは暗く塞がってどうしようもない気分になるときがあります。。
> 趣味どころじゃあないなぁって気持ちの時は、更新もパス!コメント欄も気力がないと開けられません。。
>
> そんなときでも、カメラを持って特に写友さんと一緒に外に行くと確実に楽しいんですよね♪気晴らしにもなるし。。雲の切れ間の青空みたいな瞬間かなぁ。。根本の問題が解決したわけではないんですが、、なるようになるかな~って気もしてくるし・・
>
> 底にいるときは無理をしないで充電が一番ですよね!少しでも気分が上り坂になれば、趣味やそれを記録できるブログはあって良かった~!って本気で思えますし。。
> きっぱり切っちゃうのはもったいないですから、、ボチボチ休養を入れながらお互いできればいいな~って思っちゃいます♪
>
> 今回のお写真も、本当にお見事ですね!いざとなればプロのカメラマンさんとしても充分通用できる腕と知識と技術だな~って思います(^o^)

ほんとうにその通りですね。
何か、何をやるのもアホらしくなって・・・
ブログも自己満足でやってるので、面倒になると更新する気力も無くなって・・・
でもharu坊に慰められると、「これではいかんなぁ・・・」っていつも思います。
やはり娘だねぇ・・・

冗談は置いておいて、ほんとに優しい言葉を貰って嬉しく思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。