箱庭・・・

定番のポイント・・
この日も沢山の撮影者が・・・
ここからの光景は朝一番が最高でした。
午後の便は、樹の雪が溶け面白みの無い景色に・・・

EOS-1DmarkⅡ
_I3A3887m.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

こんばんは。

定番のポイントなのですね~^^
何となく判るような気がします。
トンネルを抜けて一面の銀世界!

>午後の便は、樹の雪が溶け面白みの無い景色に・・・
なるほどです。やっぱり朝一が大切でしたか♪

素晴らしい作品を拝見させていただきました。
水戸からですと、雪国が遠過ぎて…(>_<)

まず、ぶろぐをのテンプレートを
変更していただいたり
丁寧なCapture Oneについての
説明をしてもらい、大変有難う御座いました。

今日は、余り余分な事をせずに、Rawファイルで
オートをクリックして、結果、露出がオーバーするので、
露出を一枚ずつ適当な所までさげたりして
後はWBを変更したりして、現像してみました。
現像のボタンを2度押してしまったので、コピーが
出来て現像されていました。
Capture Oneのソフトでみている時の方が
色が綺麗でしたがZoomBrawzaでみるとちょっと
地味目ですかね。
でも未だ分りません、くわしくは・・・。

写真、定点ですか。相当高い所からですね。
木に雪がないと言うことは、午後のようですね。

KENTさん

> こんばんは。
>
> 定番のポイントなのですね~^^
> 何となく判るような気がします。
> トンネルを抜けて一面の銀世界!
>
> >午後の便は、樹の雪が溶け面白みの無い景色に・・・
> なるほどです。やっぱり朝一が大切でしたか♪
>
> 素晴らしい作品を拝見させていただきました。
> 水戸からですと、雪国が遠過ぎて…(>_<)

やはり午前の早い時間がキーワードですね。
到着したのは、9時半頃でしたが、何せローカル線・・・
一本取り逃がすと1.5時間は戻ってきません・・・
しかも戻ってくるのは前照灯が逆になるので写真的にイマイチ・・・
ってことは、2~3時間ダメですね・・・・

水戸から雪となると、群馬や福島栃木辺りでしょうか・・・
ウチからも5時間くらい掛かる長野でしたので、遠いですよね・・・

小彼岸桜さん

> まず、ぶろぐをのテンプレートを
> 変更していただいたり
> 丁寧なCapture Oneについての
> 説明をしてもらい、大変有難う御座いました。
>
> 今日は、余り余分な事をせずに、Rawファイルで
> オートをクリックして、結果、露出がオーバーするので、
> 露出を一枚ずつ適当な所までさげたりして
> 後はWBを変更したりして、現像してみました。
> 現像のボタンを2度押してしまったので、コピーが
> 出来て現像されていました。
> Capture Oneのソフトでみている時の方が
> 色が綺麗でしたがZoomBrawzaでみるとちょっと
> 地味目ですかね。
> でも未だ分りません、くわしくは・・・。
>
> 写真、定点ですか。相当高い所からですね。
> 木に雪がないと言うことは、午後のようですね。

私もキャプチャーワンの操作は怪しいところがあるので、アドバイスというところまで行けるかどうか・・・(^_^;)

他のソフトで開くと色が地味だったり、おかしいのは、キャプチャーワンが独自のカラープロファイルを持っているからなんです。
これを通常のソフトが使っているS-RGBに変換してやらないとダメですね。
これはフォトショップで簡単にできるのですが、フォトショップでもエレメンツについていたかどうかは不明です・・・
それ以外で、変換する方法は今のところわかりません・・・
フォトショップをお持ちであれば、上のツールバーの「編集」の中にプロファイルの変換っていうのがありますので、S-RGBに変換してください。
あと、モニターの調整がされているようであれば、ツールバーの「ビュー」の校正設定のモニターRGBにチェックを入れるとWeb用で保存した際に、露出が狂わなくなります。
この辺りも私の知識も怪しいものですが・・・

カメラ雑誌を立ち読みしておりますと、今度のイオス
1Dマーク4は抜群に優れているようですね。
私も1D、1Dマーク2と使ってきて、もうこれで十分と
思っていますが、マーク4ならば中古で(何時になる
ことやら、笑)、欲しいなあと思いました。
5Dマーク2といい、今度のデジック4はよほど優れて
いるようです。

キヤノンはどうやら、初期モデルのデジック1よりも
デジック2が優れ、再新生のデジック3よりもデジッ
ク4、という具合で、ひとつ飛びで熟成しているよう
です。
1D系で言えば、初期型やマーク3よりも、マーク2と
マーク4が完成型というべきなのでしょうか。画質に
関しては当てはまっているのかなって思いますが、
いかがでしょう。

ところで一度でもフルサイズを手にした者は、その
呪縛から逃れることはできないようです。(笑)
makotoさんもD3、D700を味わったわけで、それで
再びAPSカメラに戻ることなんて、やはり不可能だ
ったわけです。
そういえばRAW撮影もそうなんでして、その良さが
理解できると、もうJPEGには戻れません。

そのRAWソフトの中でも、とりわけキャプチャーワン
が優秀なようでして、こいつを使い出すと他のソフ
トではものたりなくなってしまう。そして今度はキャ
プチャーワンを最適に動かせる為に、PCのグレード
アップを考えるようになってくるのです。
うーむ、これって何処まで行ってしまうのかな、際
限がないんじゃないかなって悩んでしまいますね。


でもフルサイズのカメラこそ本当のカメラだとすると、
案外にリリースされたモデルは少ないのです。
キヤノン、ニコン、ソニー(ツァイス系でもある)、ライ
カ(コダック系でもある)、コダック系、ツァイス系(京
セラとソニー)だけだと思います。
端的にいうと、歴史のある日独トップメーカーでし
かリリースされていないということです。中判デジ
タルメーカーでも事情はよく似たものでしょう。

RAWソフトメーカーのことはよく分からないのです
が、ライカはキャプチャーワンを使っているし、シル
キーピックスを自社製として使っているカメラメーカ
ーも多いようです。

なんていうか、この写真技術の世界もそうは広く
ないんでしょう。良いものを作ろうと思えば、相当
な歴史を積み重ねていないと出来ないみたいで
すね。そうなると発生源は限られてくる。
韓国や中国のカメラメーカーがフルサイズに参入
するなんてことは50年経っても考えられないよう
です。

多分そういうことは、撮影する側にも言えるのか
なって考えたりするんですが、つまりカメラがデジ
タルとなって、新しい参入者が出てくるのかと思い
きや、案外にそのような人は僅かであって、結局
はフィルム時代からの写真家がそのままデジタル
写真を受け継いでしまっているということです。

今回の鉄道写真のアングル、上手いなあって思
います。こういうスタイルを最初に始めた方がい
らっしゃって、そういう写真の見方や考え方が次
第に広く伝播していくんでしょう。
そういうのが写真の歴史や文化というものであ
って、しいては時代や国境を越えて世界の末端
まで、人間としてのものの見方考え方として形作
られていく。

写真に限らず何事もそうなのかも知れませんが、
最初に何かを始めた一個人がいて、その個人
の思想観というのが多く共感を得れば、最後には
全世界を覆ってしまうようになる。
そうやって時代が発展していくようになるという
のは、不思議な気もするんですが当然なことの
ようにも思いますね。

鉄道写真は久しくブームが続いているんですが
その理由というのを、何方かご存知ですか。
もしかしてこの鉄道ブームは日本だけのもの
なんでしょうか。中国やインドなんかではブーム
とはなっていないのですか。
私はシンカンセンに大変興味があるんですが、
シンカンセンはこれから世界的に普遍の交通
文明となりうる可能性がありますか。

kusanagi さん

確かに1DmarkⅡと1DsmarkⅡがあれば、十分だと思いますね。
少し大きいのと重いことを除けば・・・
Ⅳはそんなに優れてるんですか・・・
やはり大きいのはAPS-Cよりキレイなボケ。
1,6倍と1.3倍でこうも違うか・・・と思います。

鉄道のブームの理由はよくわかりませんね・・・
私の場合は、何かを絡めることで旅情を掻き立てる作品ができるのが楽しいと思ってます。
それが、風景だったり、季節モノだったりするわけです。
そうなると、飛行機や船なども同様かなとも思えますが、撮影ポイントが少ないのと、絡めるものが空と海では難しい・・・
後、鉄道はレトロな列車であれば昔にタイムスリップしたような風景が・・・
近代的であれば、それはそれで味があると思うんですね。
新幹線も面白いですが、これも絡めにくい性質のものです。
高架になってて、架線がうるさい・・・
など撮影ポイントが限定されがちであり、そうなると皆同じ写真を撮るということになってきます。
そんなんで、新幹線の撮影は比較的少ないんですね。
海外については、どうなんでしょう・・・?
私も全く未知の世界です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。