季節風

この時期から春先まで、遠州地方は風が強く、海岸での撮影は困難になります。
この日もしっかり風波が・・・
ウインドには絶好なんでしょうね。
夕陽とのコラボは今回もNG・・・
日が沈む前に雲に阻まれました・・・
サーファーは頑張って滑ってましたが・・・・。

_D2X5019m.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

小彼岸桜さんのブログ、当方の19インチ(1280×1024)でも、
フル画面ならば、左のカテゴリーや月別アーカイブの欄が出
ていないんですが、しかしスクロールすると最後の方に出て
いますね。
22インチワイド(1680×1050)では、頭からカテゴリー/月別は
出ます。
19インチでも左右を画面枠いっぱいにして、ウィンドウ下部を
狭めて横長比率にするとカテゴリーが頭から出てきます。
そしてそのまま下部バーをひっぱってフル画面にしてもカテゴ
リーは表示されたままになります。
どうやら初期表示は、表示ピクセルやワイド画面とかに関係し
ているようですね。

> この時期から春先まで、遠州地方は風が強く、海岸での撮影
は困難になります。

太平洋側は瀬戸内海と違って、激しくダイナミックなんですね。

初めまして。NIKON爺さんのブログから参りました。
四国からお邪魔しております。
圧倒されるようなお写真にお邪魔しようかどうか迷ったのですが、勇気を出しました。
勉強させていただきます。
現像から何から本当にプロですね。
できるならば今後ともよろしくお願いいたします。

kusanagi さん

> 小彼岸桜さんのブログ、当方の19インチ(1280×1024)でも、
> フル画面ならば、左のカテゴリーや月別アーカイブの欄が出
> ていないんですが、しかしスクロールすると最後の方に出て
> いますね。
> 22インチワイド(1680×1050)では、頭からカテゴリー/月別は
> 出ます。
> 19インチでも左右を画面枠いっぱいにして、ウィンドウ下部を
> 狭めて横長比率にするとカテゴリーが頭から出てきます。
> そしてそのまま下部バーをひっぱってフル画面にしてもカテゴ
> リーは表示されたままになります。
> どうやら初期表示は、表示ピクセルやワイド画面とかに関係し
> ているようですね。
>
> > この時期から春先まで、遠州地方は風が強く、海岸での撮影
> は困難になります。
>
> 太平洋側は瀬戸内海と違って、激しくダイナミックなんですね。

やはりサイズが違うんですね。
昔のディスプレイだとサイズが更に狭いですから、環境がどんどん変わっていくと対処しきれない感もありますね。

瀬戸内の静かな海には惹かれますね。
ゆったりした時間を感じて癒されます。
できればちょくちょく行きたいものです。
この辺りだと三河湾が少し瀬戸内に似ているんですが、風が強い日はやはりNGです・・・
ダイナミックに砂が舞うし、潮も飛んでくるので大変な遠州地方です・・

Shikokuboy さん

> 初めまして。NIKON爺さんのブログから参りました。
> 四国からお邪魔しております。
> 圧倒されるようなお写真にお邪魔しようかどうか迷ったのですが、勇気を出しました。
> 勉強させていただきます。
> 現像から何から本当にプロですね。
> できるならば今後ともよろしくお願いいたします。

初めまして。
そんな身構えずに気軽に寄ってください。
気さくなのが取り柄なので・・・(^^ゞ
私のところに来て下さる方で四国中国地方の方、結構いらっしゃいますよ。
また是非寄ってくださいm(__)m

こんばんは。

何だよ何だよ!かっこよ過ぎるゼ!makotoさん(^・^)
躍動感があって、素晴らしい作品になりましたね~♪

機会がありましたら、大洗町のサーファーを撮りたくなりました^^;
でも!最近、寒いですね…(>_<)
刺激になってしまいました…
私も出かけるぞ~GO!!!

KENTさん

> こんばんは。
>
> 何だよ何だよ!かっこよ過ぎるゼ!makotoさん(^・^)
> 躍動感があって、素晴らしい作品になりましたね~♪
>
> 機会がありましたら、大洗町のサーファーを撮りたくなりました^^;
> でも!最近、寒いですね…(>_<)
> 刺激になってしまいました…
> 私も出かけるぞ~GO!!!

風が強くなるとウインドの撮影シーズンです・・・
ただ、撮る方も寒い・・・
是非、大洗を!

こんばんは!
「あっ!makotoさんの写真だ!」と安心する一枚ですね。
このジャンルの写真なら、makotoさんが一番だって感じでしょうか。
寒かったのでしょう?どうぞ、お風邪ひかれませんように!

kusanagi さんへ

makotoさんの板をおかりして書きますね。

そうですか。モニターの画面の大きさで
色んなデザインに変更されてしまうのですね。
サイズがでか過ぎますかね。
いろいろ試されて頂き有難う御座いました。
背景のテンプレート、他のも試してみます。

makotoさんへ

動きものの傑作、黄金色の空に躍動感そのもののサーファー、GoodChanceでしたね。
こういうのも連写は使わずですか。
速いシャッターを使うのは分りますが
ISOもやたらと揚げれないし、どの位の速さが
必要ですか。

さて、ブログの件ですが背景を変えるといいのか
私のサイズを小さくすれば良いのか判りかねていますが、ライブドアーに移籍した当初のものは
小さいサイズだと思いますが、コレだと
どうでしたか?お手数ですがチョッと見て置いてください。

Wao!!さん

> こんばんは!
> 「あっ!makotoさんの写真だ!」と安心する一枚ですね。
> このジャンルの写真なら、makotoさんが一番だって感じでしょうか。
> 寒かったのでしょう?どうぞ、お風邪ひかれませんように!

掲示板だと何故か、サーフィン系の写真には他の方のコメントが付かないんですよね・・
興味が少ないのか、つまらないのか・・・
個人的には結構好きなので、撮るのも見るのも楽しいんですが・・・

寒かったですが、先週の寒波の来る前でしたので、大丈夫でした。
今は無理ですね・・・寒すぎです・・・

小彼岸桜さん

> makotoさんへ
>
> 動きものの傑作、黄金色の空に躍動感そのもののサーファー、GoodChanceでしたね。
> こういうのも連写は使わずですか。
> 速いシャッターを使うのは分りますが
> ISOもやたらと揚げれないし、どの位の速さが
> 必要ですか。
>
> さて、ブログの件ですが背景を変えるといいのか
> 私のサイズを小さくすれば良いのか判りかねていますが、ライブドアーに移籍した当初のものは
> 小さいサイズだと思いますが、コレだと
> どうでしたか?お手数ですがチョッと見て置いてください。

一応連写できるモードにセットはしておきますが、元々貧乏性なので控えめにシャッターを切ってしまうんですよね・・・
サーフィン系は、それほど動きが速くない(離れて狙っているので)こともあり、単写でも十分狙えるんですよ。
シャッターは、速い方が躍動感は出ますが、遅めにすると動きがダイナミックに感じられて、それはそれで面白いです。但し被写体ブレを起こしがちです・・・
流し撮りもしましたが、動きが遅すぎてダメでした・・・

ブログ、今回はバッチリ見られます。

こちらでも、今晩は!

波が結構荒くて、冬の波って印象で、迫力ありますね~!この波はいくら見ていても見飽きないおもいですが、ましてやそこに、上級そうなサーファーさんまでいたら、楽しいでしょうね♪

そして、さらにオレンジ色の夕日の中で、こんなに決まったお写真が撮れちゃうなんて最高ですね(^_^)v

週間ジャンプ連載の、漫画「孤高の人」(坂本眞一画)という
のがあるんですが、少し前の連載に冬期富士山登山の危
険性、厳しさというものを描いておりました。
独立峰富士は天気が急激に変わりやすく、特に突風が凄く
で風が下から吹き上がってくるんですね。油断してピッケル
を離すと体が吹き飛んでしまって、あげく遮るものがないた
めに数百メートルも滑落してしまうそうです。
どうやらこれと同じ不幸が片山右京さんのチームでも起きて
しまったようです。非常に悲しいことが起きてしまいました。

しかしこれをして富士が魔の山だと思われるのはやや心外
でして、要するに富士はストレートに邪推なく、しかし非常に
厳しく登山者の資格を問うんだということです。富士に限らず
もとより冬期登山は命を掛けてのということになります。
白富士はとてつもなく美しいのですが、同時に人の命を瞬時
に奪ってしまう程の神々しき山でもあるのでしょう。
亡くなられた方のご冥福を祈りたいと思います。

少し、PCから遠ざかっている間に富士山の諸作品、「海と親子」「湧き上がる」etc・・と傑作揃いで正にmakotoさん”絶好調”ですね!@@
これだけのクオリティを維持出来るmakotoさんがウラヤマシイです!
公私共に年末の慌しさでなかなかお邪魔出来ませんが、また時間のあるときに拝見させてくださいm(_ _)m

haruさん

> こちらでも、今晩は!
>
> 波が結構荒くて、冬の波って印象で、迫力ありますね~!この波はいくら見ていても見飽きないおもいですが、ましてやそこに、上級そうなサーファーさんまでいたら、楽しいでしょうね♪
>
> そして、さらにオレンジ色の夕日の中で、こんなに決まったお写真が撮れちゃうなんて最高ですね(^_^)v

湖のウインドと違って、外海だとサーフィンとウインドの両方の技術が必要でレベルが高そうです。
楽しそうに滑ってましたが、寒そうでもありますね・・・

kusanagi さん

> 週間ジャンプ連載の、漫画「孤高の人」(坂本眞一画)という
> のがあるんですが、少し前の連載に冬期富士山登山の危
> 険性、厳しさというものを描いておりました。
> 独立峰富士は天気が急激に変わりやすく、特に突風が凄く
> で風が下から吹き上がってくるんですね。油断してピッケル
> を離すと体が吹き飛んでしまって、あげく遮るものがないた
> めに数百メートルも滑落してしまうそうです。
> どうやらこれと同じ不幸が片山右京さんのチームでも起きて
> しまったようです。非常に悲しいことが起きてしまいました。
>
> しかしこれをして富士が魔の山だと思われるのはやや心外
> でして、要するに富士はストレートに邪推なく、しかし非常に
> 厳しく登山者の資格を問うんだということです。富士に限らず
> もとより冬期登山は命を掛けてのということになります。
> 白富士はとてつもなく美しいのですが、同時に人の命を瞬時
> に奪ってしまう程の神々しき山でもあるのでしょう。
> 亡くなられた方のご冥福を祈りたいと思います。

自然の力は人の命を簡単に奪ってしまうので怖いものです。
山もそうですが、海、川でも事故は多いですね。
ほんとうに亡くなられた方のご冥福をお祈りします。

ブンブンさん

> 少し、PCから遠ざかっている間に富士山の諸作品、「海と親子」「湧き上がる」etc・・と傑作揃いで正にmakotoさん”絶好調”ですね!@@
> これだけのクオリティを維持出来るmakotoさんがウラヤマシイです!
> 公私共に年末の慌しさでなかなかお邪魔出来ませんが、また時間のあるときに拝見させてくださいm(_ _)m

絶好調でもないのですが・・・(^_^;)
とくにメンタル面が・・・

在庫で勝負してます・・
ツキの良い日はお気に入りのカットが沢山撮れますが、ダメな日はフォルダごと削除ってのも多いんです・・・
年末お忙しいと思いますが、お体に気をつけてください・・・
新潟の雪も大変みたいですね・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。