落ち葉の目線

青空と紅葉、落ち葉からの目線だとこんな風に見えるんでしょうか・・

_D2X2735m.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

落ち葉の上に這いつくばって
撮ったんですか。
枯葉のガサゴソいう音が
聞こえてきそうです。

小彼岸桜さん

> 落ち葉の上に這いつくばって
> 撮ったんですか。
> 枯葉のガサゴソいう音が
> 聞こえてきそうです。

這い蹲る訳にも行かず、屈んで出来るだけカメラを地面に近づけ、自分の影が映らないように気をつけて撮りました。
この姿勢だと水平が出にくくて大変です・・・

落ち葉の目線は

落ち葉の目線は猫の目線 ヽ(^◇^*)/ ワーイ
妖しいガスに煙る窓向こうの世界からはデップ様がやってくる ヽ(^◇^*)/ ワーイ

私ってあほ。
でもmakotoさんの写真、めちゃくちゃ想像力かきたてられます。
最近絶好調ですね、よかったなぁ(^^)

データ保管・・・・・
やはり、私のケースは例外的なようです。(笑)
一般的にはメディア保管は万一のために必須
だと思いますよ。特に二度と撮れない大切なも
のは複数枚焼いておきたいですよね。
HDD保管だけだと究極のバックアップ術が求
められますから。

メディア保管となるとDVDRになるんですが、メ
ディアは国産品の良質のものを使用して、保管
ケースは光を通さないブラックタイプが良いよう
です。シート状のぺらぺらのものはいけません。
ディスクにシートが接着するとキズ・化学変化
などの劣化の原因になりそうですから。

DVDR本体も信頼性のあるものが良いわけで
すが、なかなかそうは行きませんね。(パイオニ
アとかNEC製がよいと言われていますが)
気をつけるのは、本番の焼きこみ前に暖気運
転をしておくことです。(特に冬場は有効です。
何かのCDなどを再生させて暖めておく) それ
から書き込み速度はむろん低速にするように。

焼きこんだDVDRはプラケースに入れて、でき
れば、乾燥剤を入れた金属製のケースに入れ
ておくことです。お菓子が入っているようなやつ
でもいいですね。
これは光と湿度をシャットダウンするだでなく、
落雷時などにも有効だからです。いろんな電
磁波を防げますから。

DVDRよりもCDRが、より耐久性が高いようで
すが、よく似たものかなっていう感じがします。
焼いたメディアはある程度経てば、検査の為
に随時開いてみなければなりません。
その時点で駄目なものは再度焼きこんでおく
わけです。焼きこんだ日付けは記入して。
それからメディア本体にマーカーで書き込んだ
りプリントをするのは避けたいですね。メディア
は無地のままで、データはプラケースに書き込
めばよいのです。

そもそもメディアはデータ保管のためのもの
ではなく、あくまで配布用の用途として作られ
たものですから過剰な期待は禁物なのです。
それでも丁寧に書き込んで保管されたものは
長期間の保管に耐えると私は考えます。

デジタル写真は、最終的にはデータ保管と
いうものが勝敗を分けるのです。いくら素晴
らしい写真を撮っても、その記録が失われて
しまえば敗北です。

画像データだけでなく、RAW撮影をしていれ
ば、それを開いて処理するソフトもバックアッ
プをしていなければなりません。
コンタックスとかコニカミノルタなどのRAWソフ
トも無くしてしまえばもう手に入りませんから。

デジタルとは「冗長性」というものが鍵なんで
すね。例えば撮影には、カメラは1台ではなく
サブカメラも持っていく。メインが壊れても、
もう1台で撮影できるからです。
冗長性とか汎用性という考え方はアメリカン
なんですが、日本人にはなかなか理解でき
ないようです。つい無駄だとしてケチるのが
日本人です。それで日本は戦争に負けたん
ですね。(笑)

しかし絶対に失敗しない、確実にモノにする
となると、無駄であっても予備とか複数保管
というやり方は最も有効なんです。
多量の撮影データを喪失した時のショックと
いうものは相当なものですよ。(笑)
私が百数十GBのデータを飛ばしたときは
レスキューソフトで何とか復活できたんです
が、それでも百%ではなく、しかも一週間
毎夜時間を潰しましたから。

写真とは「記録」である、というのはデータ
を無くしてしまうと、身に沁みて理解できる
ようになります。
今はHDDのデータを飛ばしてしまうと、容量
が大きいので事実上レスキューソフトでは
補えないんですね。となると3重4重のバック
アップが求められるんです。もうトンでもない
時代になっているって思いますね。

私が中古の自作PCを使ってのHDD保存を
しているのは、アメリカンな冗長保存だけ
でなく、やはり日本的なやり方である個別
品質を上げておくという考え方をしている
からです。
特にHDD下部冷却ファンの設置(このファン
が止まっても冷却が妨げられないようにも
している)をしてからはHDDを潰すことがな
くなりました。

このやり方が出来るのは筐体の大きな自
作PCだけなのですね。廃品利用でありな
がら、これがHDD保存の最適なやり方で
あると考えています。
しかしこれは一般的ではありませんから、
やはりメディア保存ということも確りノウハ
ウを確立しておかなければなりませんね。

さて、十年経って皆さんの写真データが
どれほど保存されているか・・・
まあ、写真など使い捨てでよいという考え
方も無きにしも非ずですが。

猫姫さん

> 落ち葉の目線は猫の目線 ヽ(^◇^*)/ ワーイ
> 妖しいガスに煙る窓向こうの世界からはデップ様がやってくる ヽ(^◇^*)/ ワーイ
>
> 私ってあほ。
> でもmakotoさんの写真、めちゃくちゃ想像力かきたてられます。
> 最近絶好調ですね、よかったなぁ(^^)

確かに人の目線から外すことで、違った世界が広がって面白いですよね。
色々人によって想像するものが違うので楽しいです。

kusanagi さん

確かに無くしてしまったら、どうにもなりませんからね・・
少しでも確実な方法を取るのが賢明ですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。