FC2ブログ

どんより

車窓から見たどんよりした景色。
何気ない光景ですが、何かいいんだよね。

_D2S1225m.jpg
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

やはり・・

やはりこんなお写真こそ”作品”と呼ぶに相応しいものだと感じます!
霧の中、少しシルエット気味になった複雑な樹木の枝がとてもフォトジェニックですし、左下の淡い緑が効いていてとても魅力的です♪

画像データ保存は、もうメディアなどには頼らずに
多重バックアップのHDD保存だけで済ましている人
は多いんでしょうね。
外付HDDの耐久性はどんなもんなんでしょうかね。

ちょっと、皆さんの画像データ保存のやり方を知り
たくなってきますよね。

私の場合は古い自作PC群を再利用してのファイル
サーバ方式でやっています。ギガビットLANで接続
しての保存やアクセスですね。
HDDは以前はIDEの数十~数百MBでしたが最近
はテラバイト級シリアルHDDを使っています。
外付けHDDに比して安価な内蔵HDDを利用できる
ことと、自作PC筐体は大きいのでHDD下部にはク
ーラーファンを取り付けられるメリットがあります。
(HDD冷却が長寿命の秘訣ということで。期待では
5年のHDD寿命を10年に延ばせるかも)

それからサーバ方式は他の方式に比べてアクセス
が速いのが気に入っています。サーバPCのCPUは
1GHzクラス前後のものを使っています。搭載メモリ
は少なくても充分ですね。

サーバ方式ですから、一切のソフトは別のPCに
入れておいて、そこから画像データのみを入れて
いるサーバPCにアクセスするんです。
これは負荷分散と安全性という考え方ですね。
ワークステーションのPCがアウトになってもサーバ
PCにまで影響を及ぼさないだろうということで。
サーバPCも、OSとデータを入れるHDDは別モノに
しています。
さらにセキュリティとスピードの為に、画像データ
はプロトコルもTCP/IP以外のものを使っています。

makotoさんと同じくメディアは信頼が置けないと
いうことで今はHDD多重バックアップのみですね。
だいたい3重のバックアップをしております。
私の場合は記録写真という考え方ですから、撮影
した画像は全て保存しております。と言いますか、
保存の為のチョイスの時間がないので、全保存と
なってしまうだけなんですが。

今は一度の撮影で10~20GBの撮影量なんです
が、保存は1フォルダは4GBくらいに抑えています。
フォルダ名は長大で、まず撮影年月日、撮影場所、
撮影対象名、撮影カメラ/レンズ等々、長いですね。
もう過去の撮影データは覚えきれていないで、これ
からインデックス検索にかけられるようにしようかと
考えております。
何か管理上での上手い手はないですかね。

撮影した1フォルダ内にはテキストで、撮影時の
雑感や細かなデータを添付する場合があります。
こうしておくと記憶違いってこともなくなりそうで。

数年前に百十余GBのHDDが飛びまして、同時に
ミラーリングしていたHDDも引き連られて瞬時にデ
ータ喪失という憂き目にあい、それ以来ミラーリ
ング方式は信用しないことにしました。
それで現在は異種メーカーのHDDに手動で随時
バックアップ保存という地道なやり方をしています。
これが一番確かなのかな。よく分かりませんが。

なお、写真画像ではない普通のデータバックアッ
プは、容量が少ないので外付けUSB・HDDにソフト
での自動バックアップ方式で3重保存をしています。

とにかく、このサーバ方式は大掛かりなので、正直
言って自分でもウンザリしていますね。
こんなにまでして保存しなければならないのかと
考えると、もう写真なんて止めてしまおうかって
時々は思いますから。(笑) 

PCのメンテナンスだけでも面倒なのに、HDDはやが
ては確実に壊れますから、その分を再度バックアップ
していかなければならないわけです。しかもそれを永
遠に繰り返していかなければならない。
デジタル写真をするっていうことは、要するにそうい
うことなんですよね。
こうやって書きながら、自分でもぞっとするんですね。

闇に包まれた雰囲気が
何だか映画のワンシーンのように見えます。
何気ない風景がたまらなくいい感じですね。

真に水墨画の世界ですね。
床の間の掛け軸や襖(ふすま)の絵のごとき。
完全にモノクロでなくカラーなのに
モノクロっぽいというのがいいです。

こんばんは。
>何気ない光景ですが、何かいいんだよね。
うんうん!これ、スゴーク解ります。
UPして拝見しましたが、凄いですね~♪
どんよりした写真でも作品なると思いました(^^)v
って、やっぱりmakotoさんだから?(^-^)

ブンブンさん

> やはりこんなお写真こそ”作品”と呼ぶに相応しいものだと感じます!
> 霧の中、少しシルエット気味になった複雑な樹木の枝がとてもフォトジェニックですし、左下の淡い緑が効いていてとても魅力的です♪

写友の助手席からウインドウ越しに撮ったものですが、何か惹かれるものがありました。
ガスの影響が大きいですよね。

kusanagi さん

莫大な量を保存されてますね・・・
聞いただけでゲッソリしそうです・・(^_^;)
私も、ハードだけでは不安なので、DVDにも焼いておいた方がいいですよね・・・

daichi さん

> 闇に包まれた雰囲気が
> 何だか映画のワンシーンのように見えます。
> 何気ない風景がたまらなくいい感じですね。

こういう天候って、普段何気ないものも被写体にしてくれますね。
意外と雨ってキライではないかもって最近思います。

小彼岸桜さん

> 真に水墨画の世界ですね。
> 床の間の掛け軸や襖(ふすま)の絵のごとき。
> 完全にモノクロでなくカラーなのに
> モノクロっぽいというのがいいです。

モノトーンの風景にガスが漂って怪しい雰囲気になると最高ですね。
ウチの近所ではここまでガスが出ることは少ないので珍しいもの惹かれた要因かもしれません。

KENTさん

> こんばんは。
> >何気ない光景ですが、何かいいんだよね。
> うんうん!これ、スゴーク解ります。
> UPして拝見しましたが、凄いですね~♪
> どんよりした写真でも作品なると思いました(^^)v
> って、やっぱりmakotoさんだから?(^-^)

判ってくれます?
この天候だと何でも被写体になってくれます。