静かな渚・・・

鍋田海水浴場の静かな渚です。
波の音、透明度の高い水が打ち寄せる様を眺めていると癒されますね。

_D2X1361m.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

一昨日と昨日はパソコンを開けられない
状況でしたので纏めてコメントを。
美しい海の水。透き通ってますね。
そして点描の昼寝や海水浴、どれも
人を隅において対角に岩とかいれる。
流石に簡単には撮らないですね。

小彼岸桜さん

> 一昨日と昨日はパソコンを開けられない
> 状況でしたので纏めてコメントを。
> 美しい海の水。透き通ってますね。
> そして点描の昼寝や海水浴、どれも
> 人を隅において対角に岩とかいれる。
> 流石に簡単には撮らないですね。


見事に透き通ってます。
青空だと映りこんで実に見事なエメラルドになります。
イメージが頭の中にあるのですが、中々イメージ通りに撮れませんね・・・
岩の位置や、人の位置など課題は多いんです・・・(^_^;)

写真は無理をせず気楽に撮るのが一番ですね。私もライフワー
クなどと言いながら、実際には気が向けば足を伸ばそうかな、と
いう安易なレベルに過ぎません。
しかし現場に赴けば体力的に全力を出し切るという姿勢は貫い
ています。それは写真の為なんかではなく、自分の体力を何時
まで維持できるかという指標になるからなんですね。
前回はここまでいけた、今回はちょっと落ちてるなって分かれば、
それへの対処を嵩じることができるからです。
正直言って、私の写真行為は年齢がら、体力と精神力の維持の
為にやっているという感じですね。(笑)

この波打ち際の写真、対角線的に横切る構図の面白さがありますね。

kusanagi さん

> 写真は無理をせず気楽に撮るのが一番ですね。私もライフワー
> クなどと言いながら、実際には気が向けば足を伸ばそうかな、と
> いう安易なレベルに過ぎません。
> しかし現場に赴けば体力的に全力を出し切るという姿勢は貫い
> ています。それは写真の為なんかではなく、自分の体力を何時
> まで維持できるかという指標になるからなんですね。
> 前回はここまでいけた、今回はちょっと落ちてるなって分かれば、
> それへの対処を嵩じることができるからです。
> 正直言って、私の写真行為は年齢がら、体力と精神力の維持の
> 為にやっているという感じですね。(笑)
>
> この波打ち際の写真、対角線的に横切る構図の面白さがありますね。

そうですね。
気楽に楽しく、それが長続きの秘訣のようです。
以前は、無理して早起きしたり遠出したりして自称”良い写真”を求めて必死で撮りましたが、
ふっと気が付くと、何か冷めてしまったような気持ちになって、写欲が湧いてこなくなったことがあります。
その後、しばらくカメラも触らなくなったりしてのですが、気楽に考えたら簡単に楽しめそうな感覚になりました。
「撮影」を目的に遠出するより、遠出したついでに撮影って考えることで余計なプレッシャー(遠征費の無駄ではないか?とか、元を取れるような作品が残ったか?とか)が無くなりました。

この一枚は、キレイな海の存在感をどう切り取ったら印象的に残せるか考えて、対角線構図を取ってみました。

むちゃくちゃ

綺麗です。
ちょう~~~~綺麗です。
あ、いいなぁ~、こんないい日にこんな綺麗な海に行ったんだ(泳いだり遊んだりはしてないんだろうけど^^;)っていうのが写真を介して伝わってくるですね。
綺麗だなぁってmakotoさんがここで思ったんだろうなって想像しちゃいます。
「ハート」ですよ、ハート(^^)。ハートが写らなきゃ。
写真を撮るのが目的じゃなくて ハートが動くから撮るの。
それでいいですよね。
愛ですよ、愛。これワタシの持論です。
娘や猫や自分が育てた花や・・・愛を感じるから撮りたいんですよ。
で、自分が「可愛い」とか「好き」とか「綺麗」とか「愛しい」とか思ったハートが写真の中に見てとれたらめっちゃ嬉しいんですね、それが人様からどう思われようとも。
自己満足、自己完結の世界です。
そんでもって「撮ってる最中」は没頭するわけですから、ヤなこととかも忘れるわけですよ。
二度おいしいカメラ遊びの趣味ってことですね。
それからね、その写真がずっとずっと後になってから大切な思い出や記憶記録になるんです。
だから・・・愛を感じたものを撮るのが一番!だと思ってます。

makotoさん、ちょっと元気になってきて よかったな(^^)

猫姫さん

> 綺麗です。
> ちょう~~~~綺麗です。
> あ、いいなぁ~、こんないい日にこんな綺麗な海に行ったんだ(泳いだり遊んだりはしてないんだろうけど^^;)っていうのが写真を介して伝わってくるですね。
> 綺麗だなぁってmakotoさんがここで思ったんだろうなって想像しちゃいます。
> 「ハート」ですよ、ハート(^^)。ハートが写らなきゃ。
> 写真を撮るのが目的じゃなくて ハートが動くから撮るの。
> それでいいですよね。
> 愛ですよ、愛。これワタシの持論です。
> 娘や猫や自分が育てた花や・・・愛を感じるから撮りたいんですよ。
> で、自分が「可愛い」とか「好き」とか「綺麗」とか「愛しい」とか思ったハートが写真の中に見てとれたらめっちゃ嬉しいんですね、それが人様からどう思われようとも。
> 自己満足、自己完結の世界です。
> そんでもって「撮ってる最中」は没頭するわけですから、ヤなこととかも忘れるわけですよ。
> 二度おいしいカメラ遊びの趣味ってことですね。
> それからね、その写真がずっとずっと後になってから大切な思い出や記憶記録になるんです。
> だから・・・愛を感じたものを撮るのが一番!だと思ってます。
>
> makotoさん、ちょっと元気になってきて よかったな(^^)

ほんとうに仰る通りですね!
心が動くからシャッターを切るし、それを後から見て思い出せるから写真は良い!
いいこと仰いますね。
元気?
う~ん、少し元気になったかなぁ・・というか開き直りに近いかも・・(^_^;)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。