松葉杖・・・

明日は、久々にカメラを持って撮影に出かけようと週始めから楽しみにしてました。
あと一日ってとこで・・・
仕事中、注意していたにも拘らず、右足の靭帯を痛めてしまい全治3週間とのこと・・・
当分松葉杖の生活になりそうです・・・

この痛さは絶対に骨折か、ヒビだと思うくらいでしたが、骨はたぶん(レントゲンで2箇所ほど怪しいところが・・・)大丈夫とのこと・・・
怪我から既に4時間くらい経ちますが、痛みは引くどころか悪化中・・・
病院の帰りもアクセルが踏めず、ブレーキは左足という状況でした・・・

つくづくカメラと縁が無さそうです・・・

写真は、記事と無関係です・・
皆さんも怪我は気をつけてくださいね・・・注意してても起ります・・
D3S_5262m.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

お久し振りです。
休み前の仕事中の出来事とは、付いてないですね。
ちょっと重症みたいですが、無理せずにしっかり直してくださいね。

お怪我のほうは大丈夫ですか? 
今は無理をなさらずに、何事もスロースピードで
行きましょう。
写真はマイペースでよいんです。私などは忙しい
時は数ヶ月も撮影が出来ず、一年に数回しか撮影
出来ていなくても、それでも自分は写真を撮り続
けているんだと自分に言い聞かせています。(笑)

ところで、ベビーなデジタルカメラマンは、色んな
体の不調を訴えている人が多いですね。
要は、撮影のし過ぎ、PCの前に座り過ぎっていう
ことでしょう。えっー、趣味でも過労なんですよね。(笑)

でもmakotoさんが完全に写真から遠ざかるのは、それ
は私だけでなく、当然に多くのmakotoファンの方から
しても、とても寂しいことになってしまいます。
写真を止めるなどは言わないでいただきたいのですが、
でも数ヶ月くらい新規撮影のUPがなくても全然オーケーですよ。
これまでに撮り溜めた数多くの写真があるんですから。(笑)

今回搭載の写真は、典型的なmakotoワールドの世界
ですね。(以下ちょっと一般の視聴者を意識して書きます、笑)
非常に注意深く練られた構図は見事というべきなんですが、
多分ご当人はあまり考えずに、すっーと自然に撮られた
カットでしょうか。手馴れてらっしゃるわけです。

この写真には3つの距離の違う「場」が1シーンに同居して
いますね。一番遠いのは水平線。巨大橋が見えています。
その次に遠いのは波打ち際と、其処に佇む女性です。
ここで言う場を「舞台」と言い換えると、メインの舞台は、
この女性の後姿だということになります。
そしてその女性の後姿から引くようにして、手前の
建物があります。その建造物の近くに、撮影者が居る
というわけですね。オマケとして、写ってはいないが右側
にある電信柱の存在が、建物に影となって軽い主張をして
います。

少し写真を撮れらる人ならば、この3つの距離感という
ものが具体的な数値となって把握できるかと思います。
それから撮影位置の高さというものにも注目していただき
たいと思います。
ある程度の撮影位置の高さがなければこういうような距離
感の違う3つの場が2次元の写真の中で、上・中・下と言う
具合に上手く配置は出来ないわけです。

こういう静的な写真における、徹底的な重要な要素はと
いうと、それは「空間感覚」であると言えそうですね。
平面である2次元の写真から、撮影者は、それから鑑賞者
も、リアルな世界である3次元的な空間、さらには時間の
経過を伴なう4次元的なリアル世界を、表現し、想像しえ
なければならないのです。
(4次元的なというのは、瞬間のシッターチャンスのこと
ではなく、一枚の写真から醸し出される物語性のこと)

ちょっと謎解きめいていますが、この写真が魅力的なの
は(見飽きないのは)、3つの場の視点が、真っ直ぐな直線
でなくジグザグになっていることですね。
水平線の橋、波打ち際の女性、建物、そして見えざる
電信柱(もしくは撮影者の位置)というものが、一本筋
ではなく視点として動的な動きをしているということです。
もちろん撮影の現場で、そのような理屈で撮ったわけでは
なく、色んなカットを撮っていて、後で選ぶ時にこの写真
の魅力というものを見出したのでしょう。
この視点の移動によって、より強く空間感覚が発揮できて
います。

makotoさんの写真では、普通の人が思いも寄らないほどの
距離感や巨大空間を把握し表現するのがとても上手いんです。
と言いますか、精神的にスケールの大きい人のようで、
最終的には、コスモス、宇宙というものを、この世界に
見出せる人なんですね。ですから草花のクローズアップを
撮っても、きっとそこにもmakoto宇宙があるんです。(笑)

正直言って、こういう世界観の大きな方は、今のせせこまし
い時代には生き難いのじゃないかって思います。しかしこの
ようなスケールの大きな方が同時代に居るっていうことは、
小さな日常ばかりに感けている我々にとっては大きな救いな
のではと感じるんですよね。

この写真舞台の中心に位置している海を見ている女性なん
ですが、それが見知らぬ女性であってもよく、さらに鑑賞
者自身や身近な人をそこに投影してもよいわけで、とにかく
この人物がいることによって、この写真は独自な物語性を
発現することになるわけです。
こういう場合は鑑賞者の方が個人的に好きな物語を投影し
ても構わないんですね。
後ろ姿の人間というのは、心理的には自分自身の投影である
っていうところがあります。魅力的な素材ですね。

たった一枚の写真でもあっても、撮影者は無言の物語を
語らなくてはならないし、同時に写真を見るものは一枚の
写真から読み取るべきものを得なくてはならないのです。
写真は漫然と見るものではなくて(それはただ読まされて
いるだけ。コマーシャルなんかはそれですよ)、本当は
こちらから積極的に読み進んでいくものでもあるのです。
(でも実際の撮影では何も考えずに無心で撮るんですよ、笑)


> ユーザーもメーカーに踊らされ続けて5年くらい経ち、
そろそろ気づいて来てると思います。これからは、
じっくりと使いこなしの方向になっていくでしょうね。

私も2002年にD100からデジイチを始めて、だいたい5年
くらいで、新型カメラを追うのを止めました。
7年経った今はカメラに関しては覚(冷)めていますね。
カメラに関しては中古狙い専門になってしまっています。

コペオヤジさん

> お久し振りです。
> 休み前の仕事中の出来事とは、付いてないですね。
> ちょっと重症みたいですが、無理せずにしっかり直してくださいね。

ご無沙汰です・・・
ご心配掛けてスイマセン・・・
ここのところ、ツキにも見放されたようで・・・
ちょっと重症ですね・・・

kusanagi さん

またまたご心配をお掛けしてしまってますね・・・
いつも色々コメントありがとうございます。

怪我は時間が掛かりますので、じっくり直していくしかないですね・・・

今回の写真は、鈴鹿の海なんですが、実に雰囲気の良いところでした。
これ、実は2月の撮影なんですよ。
冬とは思えないでしょ?

もう少し椅子と女性が近くにほしかったところですが、この状況は一瞬でしたので、慌てて撮りました。
建物のセキュリティのステッカーが邪魔・・・と思いながらシャッターを切ったのを覚えてます。
電柱もこの場合、いいアクセントになると思いました。
見る方からの考え方、捕らえ方は非常に参考になりました。
最近は、風景よりこうしたスナップを撮りたくなるんですよね。
少し作風を換えて行きたいって思ってます。

カメラに関しては、私も中古専門です。
最近、Nikon人気でボディもレンズも相場が上がり、タマも減ってますね・・・
迷惑なことで・・(^^ゞ

こんにちは。
また、どうしちゃったんですか?
相当痛そうですね。
こうなったらなったで、もう開き直る
しかないですね。痛み入ります。

kusanagiさんのコメント、凄いですね。
何か、正座しなきゃーイケんかなーなんて
思ってしまいました。
いい人達が一杯居て羨ましいですよ。

小彼岸桜さん

> こんにちは。
> また、どうしちゃったんですか?
> 相当痛そうですね。
> こうなったらなったで、もう開き直る
> しかないですね。痛み入ります。
>
> kusanagiさんのコメント、凄いですね。
> 何か、正座しなきゃーイケんかなーなんて
> 思ってしまいました。
> いい人達が一杯居て羨ましいですよ。

もう身も心も、仕事もプライベートもボロボロって感じですね・・・
しかし、よくもまぁ続くものです・・・
我ながら呆れかえってます。

kusanagiさんのコメント、まじめにキッチリ書いて下さるので頭が下がる思いで読んでます・・・
リンクが付いてないので、見に行くことができないのが残念ですが・・・

お大事に

makotoさん、ご無沙汰しております。
お怪我をされてしまったようで・・・大変ですね。
ムリをせず、ゆっくりと治されてください。
お大事にどうぞ・・・。

KENさん

> makotoさん、ご無沙汰しております。
> お怪我をされてしまったようで・・・大変ですね。
> ムリをせず、ゆっくりと治されてください。
> お大事にどうぞ・・・。

ご無沙汰です・・・
最近何かとトラブル続きで・・・
撮影に行きたいのですが、中々思うようになりませんね・・・
また掲示板に遊びに行きます・・・

お見舞い申し上げます。

週末の撮影を楽しみにしていた矢先に散々でしたね。
すぐに痛みは解消しないでしょうから、くれぐれも完治するまではしっかりと養生してください。
悪いことは重なるものですから、これから先起きることはきっと好い事ばかりになると思いますよ。
これは神様が「少し休んでリフレッシュしなさい」と言っているのではないでしょうか。

皆さん仰っておられますが、ブログは少し休憩されてもmakotoさんのことを忘れるなんてことは全く有り得ませんからね^^
自分はmakotoさんの数年前の傑作の数々を再び拝見したいです(^^)v

うえっ

なんちゅーこっちゃ・・・!
お気の毒としか言いようが・・・(涙)
しかしですね、方向自動認識性ターボ付長距離移動型サイボーグ(いつからこのネーミング?^^;)がアクセルも踏めず左足ブレーキですとっ!?
え?左足ブレーキ?なんかちょっとかっこいいかも。
あ、そんなこと言ってる場合じゃなかった。
それはイカン!絶対イカン!
早く治してくだされ。
makotoさんがガンガン走って出かけてくれないとこっちまで寂しくなります。
下田でも鈴鹿でもひとっとびじゃ~!ってね。
早く元気になってね。

ブンブンさん

> 週末の撮影を楽しみにしていた矢先に散々でしたね。
> すぐに痛みは解消しないでしょうから、くれぐれも完治するまではしっかりと養生してください。
> 悪いことは重なるものですから、これから先起きることはきっと好い事ばかりになると思いますよ。
> これは神様が「少し休んでリフレッシュしなさい」と言っているのではないでしょうか。
>
> 皆さん仰っておられますが、ブログは少し休憩されてもmakotoさんのことを忘れるなんてことは全く有り得ませんからね^^
> 自分はmakotoさんの数年前の傑作の数々を再び拝見したいです(^^)v

痛みは随分和らぎ、松葉杖ナシで歩けるようになりました。
折角の好天なのに家にじっとしてると心まで腐りそうで・・・

昔の在庫を見直すチャンスでもあるのですが・・・

少し見て面白そうな写真があればアップしてみます・・・
ご心配頂きありがとうございましたm(__)m

猫姫さん

> なんちゅーこっちゃ・・・!
> お気の毒としか言いようが・・・(涙)
> しかしですね、方向自動認識性ターボ付長距離移動型サイボーグ(いつからこのネーミング?^^;)がアクセルも踏めず左足ブレーキですとっ!?
> え?左足ブレーキ?なんかちょっとかっこいいかも。
> あ、そんなこと言ってる場合じゃなかった。
> それはイカン!絶対イカン!
> 早く治してくだされ。
> makotoさんがガンガン走って出かけてくれないとこっちまで寂しくなります。
> 下田でも鈴鹿でもひとっとびじゃ~!ってね。
> 早く元気になってね。

>方向自動認識性ターボ付長距離移動型サイボーグ
いつから・・・(^_^;)
どんどんネーミングが長くなってるような・・・

お陰様で随分痛みは取れてきました。
まだ曲げたり、加重が掛かると痛いですが・・・
やっぱり左足ブレーキですねぇ・・・
昔、ダートを走っていたころ多用したので、左で踏むのは全然問題ありません・・・
アクセルがグッと踏み込めないのが辛いです・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。