蜩の声と富士山と・・

山にこだまする蜩の声と、夕暮れ時の富士山が印象的な時間を用意してくれました。
私以外は誰もこの光景を撮ってないとは・・・
西伊豆スカイラインから・・・
渋滞回避に最高の抜け道です。

1D3_1067m.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

今晩は!

夕暮れの山々の上に、まだ日を受けて輝く富士山、夏の姿も美しいな~!
うす衣をまとった天女みたいな雰囲気もありますね!

遮光をあびた山々を見下ろす天空の撮影ポイントって
気がします!
このような道路をドライブしたら気持ちいいでしょうね♪

今日は一転して凄いどしゃ降りになっちゃいました!
涼しいのはいいのですが、、極端すぎて怖いようです。。

天空の城・・・というのがありましたが、これはまさしく天空の道。
一瞬、雲海に浮かぶ富士かなって思ったほどです。
と言うよりも・・・これは瀬戸内海なんですよ。(^^;
此方の島から向こうに見える○○島を撮影するとこうなるんです。
瀬戸の海はいつも穏やかで、水面(みなも)薄っすらとガスがかかると、
このとおりの雰囲気になります。(スケールはこれほど大きくないですが)

風景撮影の楽しみは誰も知らない何方も撮っていない光景に出くわした
時ですね。しばし絶景に呆然とし写真を撮ることすら忘れてしまいます。
そういう絶景の穴場ほどれだけ知っているかで、撮影者の本当の力量、
写真趣味としての豊かさが推し量れるとおもっています。

写真の根本のひとつは、ひとえに他者と違うところで違う光景に出くわし
て撮ること、じゃないかと考えています。人と同じ方向に行くんではなく、
君が右に行くのならば私は左に行く。集団で団子状態で撮っているって
いうのは、そいつは写真じゃない。子供の写生大会だろうって具合で。(^^;

伊豆からの眺めた富士は以前から期待しておりましたが、それにしても
光線の具合が絶妙です。とてもいいシャッターチャンスでしたね。
そういえば伊豆は地質学的に太平洋の島であって、そのフィリッピン海
プレートが本州にめり込んで、そのエネルギーが霊峰富士を生んだという
ことらしいですから、まさに海に浮かぶ島から別の島を撮ったといっても
間違いではなかったのです。
それにしても、伊豆の山と言うのは、こういう具合に穏やかな山稜なん
でしょうか。海原をさ迷う、ひょっこりひょうたん島っていう感じなのかな。


連射のことが書かれていました。ただしく言えば高速連写撮影のこと
なんでしょうけど、まことさんのやり方は私とまったく同一で、みなさん
そんな具合にやっていたんだなあって、とても参考になりました。
しかしカメラ女子さんには難しかったかもしれません。(^^;

多分はるさんは、連写といえば連写ボタンを押したっきりにして動画の
ように連続写真を撮ることだと勘違いしているのかもしれませんよ。
よくあるゴルフのスイング連続写真のように。

それにしても写友さんは連写では撮らないんでしょうか? やはり百聞は
一見にしかずですから、連写撮影をしているカメラマンを見て技は盗んで
覚えるというのが一番かもしれません。
カメラのモード設定やAF設定はまことさんの仰るとおりです。

よさこい踊りなんかで他のカメラマンを見ておりますと、単発で撮るか、
もしくは連写モードにしていても(秒コマ7~10コマのカメラでないと意味がない)
連続2ショットから多くて4ショットまでしか連写しておりません。
殆どのカメラマンは単発モードで1ショットずつしか撮っていないですね。
連写撮影はあくまで一発狙いのシャッターチャンスを補完する意味合いで、
難しく言えば冗長性を持たせる意味で撮るわけですからね。けして連続
写真が欲しいわけではないんです。

マコトさんのように手馴れてくると、連写モードにしていて、実際は単発ショット、
連続ショットと、自在にレリーズを操ることができます。また単発モードに
していても、ピストン的にレリーズを押すことで実質連写も出来るんですね。

最近の中級機はとても優れていて、イオス7D、ニコンD300S、ペンタK-5は
ボディ単体で秒7~8コマの高速連写ができます。レリーズタイムラグもプロ機
とあまり変わらないくらいですから、良い時代になったものです。
連射が過ぎて乱射になりますと、ブレ・ボケ写真の大量生産になってしまい
ますから要注意ですね。(^^;

haruさん

> 今晩は!
>
> 夕暮れの山々の上に、まだ日を受けて輝く富士山、夏の姿も美しいな~!
> うす衣をまとった天女みたいな雰囲気もありますね!
>
> 遮光をあびた山々を見下ろす天空の撮影ポイントって
> 気がします!
> このような道路をドライブしたら気持ちいいでしょうね♪
>
> 今日は一転して凄いどしゃ降りになっちゃいました!
> 涼しいのはいいのですが、、極端すぎて怖いようです。。

ここからの富士は初めてお目にかかりました。
西伊豆土肥から修善寺に抜けて帰るルートが一般的なのですが、
修善寺の合流でいつも渋滞します。
なので、途中から西伊豆スカイラインへ抜けるんですよね。
標高も800mくらいあって涼しくて気持ちいい道路です。
ただ、とにかく交通量が異常に少なくて不気味なほどです。

台風は今のところ、静岡西部は大したことはないようですが、
これからこちらに向かってくるみたいですね・・・

kusanagiさん

伊豆の山は何パターンかあるんですが、
西伊豆スカイラインと箱根スカイライン、伊豆スカイライン辺りの山は元々火山だったのか、
高い樹が少なく、高原のような雰囲気の山です。
逆に天城山などは結構ハードな山ですね。
色々な光景を見せてくれる伊豆半島は実に魅力的な存在です。
それでも富士までの距離があるので、冬場以外は中々見ることができません。
今回はラッキーということで・・
実は、海を隔てて雲海に浮かぶ富士も見えていたのですが、クルマを止められず撮影できませんでした。

絶品富士

うーーーー、美しい。
haruさんが仰るようにね、
>うす衣をまとった天女みたいな雰囲気
ですね。
ほんとうに 綺麗・・・。

猫姫さん

> うーーーー、美しい。
> haruさんが仰るようにね、
> >うす衣をまとった天女みたいな雰囲気
> ですね。
> ほんとうに 綺麗・・・。

雲が赤っぽく染まったらそんな感じに見えたかもしれませんね。
割と地味な染まり空だったので、天女はオーバーかも・・(^^ゞ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。