花の駅・・

天浜尾奈駅です。
桜が沢山・・

_D3_7904m.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

5/16、5/17の写真、これは夜桜を撮った写真だったんですね。
桜には気がつきませんでした。そういえば列車の前照灯が当たった
ところは白くなっています。(もっと大伸ばしだと桜だと気がつきます)

5/17が普通と言うのは人魂を想像させないからというだけのことなん
ですが(笑)、それでもこの2つの写真を並べて鑑賞すると、やはり5/16
のが良いと思います。それは構図の安定感ですね。5/16のは構図の
目線に列車の行き着く方向が向いていて安定感があるんです。
5/17のは空の部分の割合が大きすぎて、間が開きすぎていると感じ
ます。それで上部をトリミングするとぐっと良くなりますね。

それと5/16の中央の信号灯、強い光を放っていますから、これはイン
パクトがありますね。スパイスが効いているって感じです。
構図に安定感があるっていうのは、つまり安定感があると鑑賞者は
気持ちが落ち着いて、写真を良く見ようっていう気にさせる効果がある
んだということです。逆に不安定感だと良く見ようとする気持ちになら
なくなるんです。
もっとも安定感ばかり求めると詰まらない写真なるわけですが、この
写真には何が写っているんだろう?っていう好奇心への訴求力は
写真としては必要条件なんですね。

私は印刷屋ですから印刷デザインのことを考えるんですが、下手な
デザインというのは、一見奇抜で目を驚かすことはあってもそれだけ
に終わってしまうんです。本当は引き付けるだけでなくて、じゃあ何が
書いてあるんだろうかっていう本文を読ませようとする訴求力を持った
デザインが良いデザインなんです。
あくまでも本文を読んでくれる為の目を引くデザインが良いのです。
それにはデザイン上の全体としての安定感と調和が大切なんですね。
ただし一点くらいは目立つような破調があってもいいんです。4/16の
写真で言えば強くて青いシグナルですね。

まあこういうのはすべて撮影後の結果論です。撮影前からそういう
のを予想して撮影できるというものではありませんね。
もし私が雑誌の編集者であれば、4/17の写真は、上半分はハーフ
トーンにして記事を乗せたような使い方をするでしょう。4/16のは短い
キャッチコピーを書くだけ、あくまで写真で勝負するページとなります。
4/16の写真は構図の安定感だけでなく、写真の中心点があるんです。
つまり駅のホームかな。ちょっと分かり辛いのですが大伸ばしでは
問題ないでしょう。


ケントさんが震災をきっかけに今後の日本の成り行きに興味を持たれ
ているっていうのは素晴らしいことですね。
若い方はもっともっと社会的なもの国際的なことに興味を持っていく
のが本当です。
メディアでは今後の日本は大変なことになるとか様々な論調が飛び
かっていますが、この程度のことでは日本はびくともしないでしょう。
まあ原発は問題ですが、早い話、放射線被害なんて風評被害並みの
ことなんでして、政府の対応は大袈裟すぎるんですね。別に避難など
しなくたって問題なしというくらいのレベルです。

震災で多くの人が亡くなりましたが、3万人近くですかね。しかし日本
の年間自殺者数は3万人以上ですし、交通事故死亡者も1万人以上
あるんですよ。こんなことを言えば叱られるでしょうけど、大した数字
じゃあないんです。多くのインフラや財産も喪失しましたが、所詮は
物です。これからいくらでも新しく作ることができます。

日本経済がほんとに危ないなって思えば円高はすぐに止まります。
しかしそうはなっていないでしょう。世界中から日本は大丈夫って
見られている証拠なんです。
今回の震災で一般の人も分かったと思うんですが、東北が一時停止
しただけで世界中のいろんな生産物がストップしましたね。部品が
調達できないから製品にならないんです。
別に東北が凄いんじゃなくて九州が震災になっても同じ事態になり
ます。東海地方でも同様です。

中国が世界の工場だなんて言いますけれど、中国は組み立てている
だけなんでして、素材自体は日本で作っているんです。本当の物づくり
はあくまで日本であるって考えて差し支えないと思いますよ。
つい30年前までは、先進国(欧米と日本)以外では経済成長は出来ない
と言っていたんですね。後進国では永遠に先進文明を享受することが
出来ない本気で思われていたのです。
それがこの30年で中国やインドなど高度成長ができるようになったのは
あくまで経済の仕組みが変わったからなんです。資本が国境を越えて
動き生産体制も水平分業化するようになったからです。それはコンピュ
ーターの発達によって情報が自在に動くようになったからですね。生産
機材そのものもコンピューター化されましたし。

じゃあ日本がやっている素材というものをこれから中国が生産できる
ようになるかというと、むろん日本企業が中国でやる分には大丈夫で
しょうけど、純粋な中国企業が高品質の素材を作れるかというと、それ
は難しいでしょう。素材産業というのはおそろしく高度な技術を必要と
するんです。ちょっとした手加減味加減のミスでそのロットが全部使い
物にならないようなことになるんです。
これは高度なアナログ技術が日本にはあるということです。アナログと
言うと古臭いって思われがちですが、デジタルこそが誰にでも出来る
素人臭さであって、実はアナログという高度な職人技術こそが、誰にも
真似できない最高度の技術だっていうことですね。

これは日本人が持っている生まれながらの技能の優秀さなんですよ。
今の若い人でもそれはちっとも変わりません。ペーパーテストの優劣
とも関係がない。これがあるから日本はこれからも大丈夫なんですし、
ちゃんと食っていけるんです。
ただし、それ以上のことになると日本人はとたんに馬鹿になるんです。(笑)
たとえば原発がそうです。放射線があるから頭だけで考えて作ったり
運行していかなければならない。手で触ったり撫でたりしてはやって
いけないんです。それで原発にはロボットが必要だっていうんですね。
職人感覚で動かせる遠隔操作のロボットがいるっていうことです。

それから、今はアメリカが凋落しているからどうのこうのと言う人が
いますが、そもそもチャイナやインドが伸びているのはアメリカの力で
そうなっているだけなんですね。むかし日本とアメリカが戦争をしたのは
両国が対立をしてチャイナを取り合っていたからなんです。
日本はその戦争に負けてしまったんですが、アメリカがチャイナを
取りたいからそうなってしまっただけです。それ以外の理由ではありま
せんね。この日米中の関係をよく知っていないと歴史を見誤ります。

それで現在は、日本が物の素材をつくり、中国の労働集約の人的資源
で組み立てて製品を作り、それを米国が消費するっていう三角関係に
なっていますね。その代わり米国は政治や金融と軍事で保障をするって
いう具合です。これが今のアメリカによる太平洋の平和っていうやつです。
パックスアメリカーナということで。
ですからこの米国の描いた構図を揺るがそうとする勢力が出るとすれば
アメリカは徹底的に叩き潰します。ソ連がそうでしたし、今後中国自身が
そうなっても米国は同じことをします。アメリカにとって太平洋と東アジア
は自分のテリトリーだと思っているんですね。

もし日本と中国が接近するとしますと、これも米国は潰します。小沢は
中国に接近しすぎて、それで潰されたようなもんです。こういうのは
分断支配というやつですかね。(笑)
日本人が物づくりに長けているように、米国人は世界を統治するのに
異様な才能を発揮するんです。
そういうように考えていくと、物財の経済としては米国が物を最初に
発明して、日本がその物をより高度に発展させて、それを中国が大量
生産するという絵が見えてきますね。そういう役割分担を米国は考えて
やっているわけです。その為の人材は世界中からかき集めるわけです。

ですから米国は、日本が経済的に沈没というか、中国に埋没してしまう
ことは望んでいないわけですよ。そういうようになりそうだと見れば
軌道修正をして、日本に援助をして中国を牽制するわけです。
それでこの構図は、日本が物づくりにおいて超一流であるという前提
で成り立っているんですね。日本の物づくりが二流になれば役に立た
ないやつだとして見放されます。

幸いに今回の原発事故は古い米国製のやつでしたからアメリカは
日本を責めていませんね。(笑) しかしこれが最新の東芝や日立の
ものだったらリアクションは大きかったと思いますよ。
米国は先の尖閣で日本世論にショックを与えすぎた為か、今回の震災
では空母艦隊を派遣するなど大判振る舞いをしていますね。原発でも
グローバルホークを飛ばしたり軍事ロボットを供与したりとまるで国内
問題並みに力を注いでいます。

日本人の目から見て、軍事用ロボットはなんとも無骨でミニブルドー
ザーみたいなもんですが、(以前三菱重工が原発用に研究してたやつ
もその程度でしょう)、これをホンダやトヨタのような華麗な二足歩行ロボット
に出来れば面白いでしょうね。
ロボット技術に関しては日本は世界に負けないだけの技術と人的資源
があるんだと思いますが、これまでは目的が希薄だったわけです。
技術者というのは崇高な目的と十分な金を与えておけば寝食を忘れて
励んでくれるわけで、日本が生き延びる為には原発用高性能ロボットを
開発するしかないとなれば、彼らは死に物狂いで開発をし10年後には
実用化できるんじゃないでしょうか。

それで政府もロボットを作ると明確に宣言をして、アメリカが持っている
技術も頂くということなんですが、日米共同で最高度のロボットをつくる
っていうことですかね。無論これは即軍事兵器にもなるんですけどね。
まあそれは科学技術の宿命みたいなもんです。
ただこれだけは言えて、核や原子力を征するものはロボットしかない
ということでもあるんです。

kuysanagiさん

鑑賞側から見るとそういう感じなんですね。
撮影側は、空の階調が残っている時間帯で桜を主題にしながら、列車のスパイスを効かせるつもりでした・・・
スパイスが強すぎた感もありますが・・・
シグナルを入れると、桜から距離を置くことになり、更に角度も変わってしまうということで、
2日目は少し駅寄りからアプローチしたんです。
色々参考になります。

それぞれの国民性をうまく調和させて全体がうまく行くと良いのですが、
そうは行かないでしょうね。
ここのところ、北朝鮮が静かにしているのが気味悪いです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。