リベンジ・・・

昨日の写真は失敗・・・
撮影時間が遅すぎて、イメージと違いました。
で、翌日会社帰りに撮影・・・

_D3_8188m.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

4/16の写真は、人魂のような怖そうな雰囲気でインパクトがあったん
てすが、今度のは普通のイメージです。(^^;
スローシャッター撮影は、撮影時刻の見極めが肝心なんですね。

ケントさんがおっしゃっていた、石橋克彦氏は地震学者ですね。
浜岡原発訴訟の原告側証人として下記のように言っておりました。
・・・プレート間の巨大地震が起きるとこれだけ考えられているところの、
その震源断層面の真上に、5基電気出力500万キロワットという原発が
あること自体が、地震防災の観点からすれば、もう、全地球的に見て、
非常に、やっぱり異常なことだと思います。われわれ日本人が、それを
異常と思わない。ここで大体そういう議論をしていること自体、もう異常
という感じすら私、地震の専門家としてするわけですけど、異常を異常と
思わなくなった日本人も、まあ、大変なことだと思います。これはもう
ほんとに全世界的、人類史的な大きな問題であろうと思っております。
・・・・

学者というのは普通こんな大袈裟なことは言わないんですね。事実に
基づいた正確なことしか言わないんですが、それでもここまで言わざる
を得ないというのは、確かに強烈な事実ではあるんですが、同時に
文明論を石橋教授は言っているわけです。その文明論としてはどうし
ようもなく正しいんですよ。

http://www.iam-t.jp/HIRAI/pageall.html
この方はすでに亡くなられておりますが、平井徳夫さんという原発現場
からの報告です。少しでも現場とか技術とかが分かる人であれば、平井
氏の言っていることば嘘でないことが分かるでしょうね。これが日本の
原発の現実なんでしょう。

原発というのは今までの技術じゃあ駄目なんでして、早い話が生身の
人間がどうのこうのと出来るはずがなくて、被爆に耐えるロボットが
要るんですね。人間の手足と同じことが出来る遠隔操作の高性能
ロボットがなければ、もう、お話にならないと思いました。
事故の場合は当然ですが、通常の運転時でも人間では難しいという
が本当だったようです。原発は機械ですから地震のあるなしに係わら
ず必ず壊れますし事故は当たり前のことでしょう。壊れない車もカメラ
もあるはずがないじゃないですか。
壊れれば直す、それが当たり前にできないから困るわけで、じゃあ
人間と同じことが出来るロボットができれば、これは圧倒的な技術の
ブレイクスルーのですよ。

日本はそれをやる。官民を上げて必死でロボットを作る。もうそれ
しかないですね。
原発で動かせるロボットというのは、同時に軍事的なロボットである
んだろうと思いますよ。日本ではロボットと言えば工場の据付ロボット
とかバイオリンを弾くおもちゃロボットのイメージですけど、軍事用
のロボットというのもあるわけです。日本以外の先進国は開発して
いますね。

石油とかの化石燃料はなくなる。非常に高くなり手に入れ難くなる。
奪い合いとなると、これは戦争になる。人類60数億の人間共が
エネルギーや食料を奪い合いをして殺戮戦争をする。これはもう
目に見えています。
原発事故だって、これからは世界中に作られるようになるのだから
事故などは年中行事のようになるんでしょう。事故の度に放射能
が世界にばら撒かれます。これからは放射能被爆に強い身体を
持っていないと生きていけませんな。(笑)

こういうのが今の世界の現実ですからね。嘆いてもしようがないん
でして、これからも絶対に起きるし頻発する事故をカバーするには
ロボットしかないじゃないかってなるわけです。
その高性能ロボットがあと10年後くらいに日本で実用化になれば、
これはもの凄いことですね。一体が数十億円数百億円するんだろう
かって思いますが、軍事兵器そのものですからね、商売としては
べらぼうな旨味があります。
冗談みたいな話を書いていますが、本当にそれしか解決策は、
現実的にも文明論的にもありませんよ。鉄腕アトムの世界です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/PLUTO

kusanagiさん

こちらは普通ですか・・・(笑)
16日のは殺風景に感じたので、シグナルを入れてフレーミング。
17日は空の色があるので、シグナルを入れず(電柱も入りませんから)・・・
17日は桜に近づいた分、列車が邪魔をしてくれました・・

原発、ほんとうに悪い方向です。
福島もあと9ヶ月も家に帰れないなんて気の毒ですね。
アレほど安全と言っていたのは結局”嘘”だった訳ですよね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。