気分転換に

気分転換も兼ねて久々に大鉄入りです。
笹間のサクラは既に8分咲き。
家山ではサクラ祭りが始まろうとしてましたが、こちらはまだツボミでした。
例年のような盛大さはなかったですが、
やはり少しずつでも盛上げないとね。

撮影者は、やはり物凄い数で、
岡山~春日部と遠方からも沢山来てました。
ゆっくり現地入りしたので、良いポジションは取れず、
サクラと列車の間が空いてしまいました・・・

_D3_7042m.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

デジタルカメラマガジンで(立ち読みですが)、PLフィルター+UVフィルター
の2枚重ねで撮影、さらに画像調整をして高コントラスト低彩度の写真
をやっていましたね。まあ、あんまりいいとは思えませんでしたが。^^;
http://ganref.jp/magazine/dcm/mag/11_04/
茂手木秀行さんですね。

ところで今日は面白い体験をしましたよ。
実は少し前からですが、ニコンD70とアルファ7Dが作動エラーを出していた
んですね。何が悪いんだろうと色々と試してみてもわからない。
それで今日は思い切ってその2台を持って撮影に出かけました。すると
D70は全く使えなかったんですよ。完全エラーで電源は入るも全く作動できず。
アルファもバッテリーエラーがでました。これは??でしたね。
比較で持っていったD50は大丈夫でしたが。

ところが少し歩いたところでは、何とD70もアルファ7Dも難なく作動できたん
ですね。
それで直ぐに分かりましたが、要するに撮影をした場所は山の頂上近くで
テレビの中継塔が建っていたんですよ。それで電波の陰になっているところ
ではカメラは作動でき、電波塔が見えているところではエラーが出たんです。

これは電磁波(電波)がカメラに悪影響を与えていたということです。
とすると家の中でもしばしばエラー起こしていたのは??となるわけで(笑)、
帰ってすぐさま電磁波計測器で測りますと、近くに置いていたスタンド蛍光灯
が盛大に電磁波が出ているのがわかりました。以前に計測した時は大丈夫
だったので、何時の間にか駄目になっていたわけですね。

実はD70は以前も、一度不明のエラーを出して使えなかったことがあるんです。
チャーター船に乗っていて瀬戸大橋を撮影した時です。夕暮れ時でしたが、
これもその近くに電波灯台があるんですよ。
とするとあれは灯台のレーダー波の影響でのエラーでしょうね。
今回のテレビ塔といい電波灯台といい、D70とアルファ7Dは電磁波シールド
が不完全なカメラみたいですね。しかしこれでカメラのエラー現象も分かったし、
蛍光灯の不良も発見できましたよ。

こういうシールド不全の問題はプロ機では絶対に起こり得ないことなんですが、
分かってみれば何も問題がないと言いますか、むしろ敏感なカメラも面白い
じゃないかって思いましたね。
電磁波というのは眼に見えません。体で感じることも出来ないんですね。
ですから、計測器とか敏感な機器でしか人間は推し測ることが出来ないわけ
です。

ところでその電波塔が何のものなのか後でネットで調べましたが、思わぬもの
が出てきました。その電波塔の近くは、心霊スポットで有名だったんですね。
なるほど・・電波をある程度は感じることが出来る人間がいるのかと・・(笑)
こういうのは笑い話ですむんですが、これが電波じゃなくて放射線であれば
とんでもないことになりますものね。

このところ休みの日には雨だったりして出不精だったんですが、今日は久し
ぶりに撮影に。
もっともこんな具合でしたから満足な撮影は出来ませんでしたが、暖かい
日差しの中での、柔らかな自然に囲まれた撮影は良いものですね。
東北の被災者には申し訳がないような気分ですが、今はもう春なのですね。
http://www.youtube.com/watch?v=PmFtSt-Pw-E

ところで、「追憶」とは、これですか? スターダストレビューの。
http://www.youtube.com/watch?v=UK1hirx83xs
これは島谷ひとみさんですが、黒白動画も雰囲気が良いですね。

kusanagiさん

デジタルになって、色々試せるようになりましたね。
ちょっとしたことで面白い絵ができるのは実に興味深いところです。

電波によるデジタルカメラの異常は、取り説にも記載がありますね。
私も一度体験したことがありました。
でも心霊スポットでは・・・(^_^;)

追憶は、あまり深く考えてませんでしたが、
後から思い出として見ることが出来ると思いつけたタイトルです。
島谷さん、いいですね~

もう原発の話は止めなんでが、今回は別件、浜岡原発の話です。
マコトさんにとっては他人事じゃないんですね。

まず、本日の地方紙での新聞記事から。
「津波対策で明暗」
東北電力・女川原発・・・意識して高い敷地に。
地下浸水も安全に停止。

東電福島第一原発は想定津波5.7メートル。
1~4号機を海面から10メートルに設置、5~6号機を13メートルに
設置、とあります。しかし実際にやって来た津波は14メートル。
海よりに設置したタンクやパイプの設備を破壊、非常用発電機が
水没。

一方、東北電の女川原発は津波を9.1メートルと想定。
海沿いに斜面を設け、海面から14.8メートルの高さに敷地を整備。
実際の津波は敷地と同じ14.8だったらしい。津波は一部で斜面を
超えた可能性もあり、1~3号機の内、海側の2号機の原子炉建屋
の地下が浸水したものの、別系統の非常用発電機が稼動し、無事
停止した。
そんな原発には周辺から被災した住民が身を寄せているとのこと。
東北電は敷地内の体育館に最大360人を受け入れ食事も提供して
いるとのこと。

どうでしょうか。東電福島第一は13メートル。付帯設備はもっと低い
でしょう。かたや東北電女川は14.8メートル。
この数メートルの違いが津波被害の明暗を分けたんです。

http://wellstoneblog.blog51.fc2.com/blog-date-20061116.html#
浜岡原発を海側から撮っていますね。この感じだと海水面からは
20メートルくらいはあるのでしょうか。

http://d.hatena.ne.jp/conokix/?of=15
この方は伊方も撮っています。

これは動画
http://jyoudou.net/blog/2009/12/post-210.html
浜風が凄いんですね。放射線が洩れればすぐさま静岡市内に向い
そうです。この方、09.12.12の記事で津波被害を予想していますね。
・・・日本以外の原発は内陸に作られています。日本の原発は海岸に
あるので、10メートル以上の津波が来たときには、建物ごと破壊され
てしまうでしょう。・・・と。

kusanagiさん

ウチは浜岡原発から半径30キロ圏内です・・・
耐震については、レベルが低い原発のようですね・・・
福島も一旦落ち着いたように見えてましたがまた予断を許さない状況に・・・
恐らく、もう福島には人は住めないでしょうね・・・
ウチの会社も重要な取引先工場が非難区域にあって、工場が動かないため
大きな損害が予想されて困ってます。
昔から、私は重要な商材は2社手配すべき・・と言い続けてましたが、
全く聞き入られず、このザマですから・・・
今頃、2社手配すればよかったと思っても後の祭り・・・

これから日本はどうなるんでしょうね・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。