大変なことに・・・

東北地方の方、関東地方の方、大変なことになってますね。
心からお見舞い申し上げます。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

こんばんは。

ご心配お掛けしました。
心より御礼申し上げます<(_ _)>

今は余震が次々と襲ってきている状況です。
小さな揺れは慣れましたが、大きな揺れが来ると少しあせります。

地震が来た時は会社にいました。
2階の事務所がいつに無く揺れが激しかったので
直ぐに外に出て見守っていました。5分ぐらい揺れたかな?
ビルが横に揺れて、ショーウインドウのガラスが割れました。

道路はあちこちでひび割れ、隆起、陥没しちゃいました。
自宅から会社までは遠回りしてたどり着ける状態です。
以上、現状報告です。

東北地方の方の震災が心配です。
犠牲者が増えなければいいのですが。。。

KENTさん

> こんばんは。
>
> ご心配お掛けしました。
> 心より御礼申し上げます<(_ _)>
>
> 今は余震が次々と襲ってきている状況です。
> 小さな揺れは慣れましたが、大きな揺れが来ると少しあせります。
>
> 地震が来た時は会社にいました。
> 2階の事務所がいつに無く揺れが激しかったので
> 直ぐに外に出て見守っていました。5分ぐらい揺れたかな?
> ビルが横に揺れて、ショーウインドウのガラスが割れました。
>
> 道路はあちこちでひび割れ、隆起、陥没しちゃいました。
> 自宅から会社までは遠回りしてたどり着ける状態です。
> 以上、現状報告です。
>
> 東北地方の方の震災が心配です。
> 犠牲者が増えなければいいのですが。。。

大変でしたね。

私は当時、尼崎に居ましたが、関西でも揺れました。
長いゆっくりした大きな揺れが5分くらい続いた感じでした。
後でニュースを見て驚きました。
直ぐにKENTさんたちのことが気になって・・・
復旧にはしばらく掛かるかも知れませんが、ご無事で何よりでした。

東北地方太平洋沖地震(改め、東北関東大震災)
昨日今日と、テレビの前に張り付きになっています。
これほどの被害になるとは思いませんでした。

ちょうど1995年の阪神淡路大震災を思い起こします。
あの震災では、友人知人などが何人も大きな被害を受け
大切な身内すらも亡くしてしまいました。
今回の被害は前回とは比べられないほど大きいようです。

、国の政治が乱れてしまうと追い討ちを掛けるようにして、
この国では巨大地震が襲うようです。
関東大震災時もそうで、死去による首相不在の空白時に
起きました。(当時は第一次大戦後の不況や国際政治間
の難問を抱えていました)
神戸の連立村山政権、今回の民主党菅政権、とてもでは
ないが安定した政権とは言えませんよね。

今回は東北地区に甚大な被害を齎してしまいました。
東北といえば壊し屋と言われる方の選挙区がありますね。
東北人が何時まで壊し屋を支えるのかなって、これは別の
意味で興味がありますね。

関東大震災、阪神淡路大震災、そして今回の東北関東
大震災の星相(占星術)を見ておりますと、地震は天王星
と太陽が鍵を握っているようです。
3月11日の時点では、天王星は29度57分魚座、太陽は
20度18分魚座です。まだ会合はしていません。同座まで
ですね。
この天王星と太陽は3月22日に0度牡羊座で正確に会合
します。その時、月も対極の天秤座にありますから、既に
牡羊座に入っている木星、対極の土星を合わせて、非常
に厳しい事態となるんではないでしょうか。
さらに火星は4月3日より魚座から牡羊座入り。その火星
は4月3日には天王星と会合、11日に木星と会合、19日に
土星と会合と続きます。

つまり今後、地震発生の3月11日より、もっともっとシビア
な星相が続くんですね。
それはどういうことかと申しますと、当然考えられ得るのは
東京電力福島原子力発電所のメルトダウンの問題です。
私はこれがとても気になっているんですよ。

今の子供のような内閣では最悪の事態をすら想定しておく
べきだとすら思えてきます。
とにかく今緊急になすべき問題は原発を救うことです。
持てる最大の資源と人材を使って原発崩壊を防ぐことです。
原発を救う為にはあらゆる犠牲を厭わない覚悟が必要なの
です。

とにかく原子力発電所の情報が殆んど聞こえてきません。
原発といえども日頃運転している要員は素人同然なんで
すが、プロの要員を結集して対策をしているのかどうか。
自衛隊の機動力をフルに使っているのかどうか。見えない
ことばかりですね。
福島原発が最悪の事態になりますと、東北だけでなく関東
一円も大被害を被ることになるんです。それは日本の終り
を意味するんですね。

kusanagiさん

まだまだ安心は出来ないってことですね。
これ以上の被害は想像もしたくありませんね。
早く落ち着いて復興してくれることを祈るのと、
行方不明の方達が少しでも助かってくれるのを祈るのみです。

占星術のことはさておいて、確かに原発のことは今ある危機なんですが、
多くの人たちが注目をして強く関心を持てば自然と解決できる事柄だと
考えています。とにかく無関心であることが一番に危険であるわけです。
マスコミもここに来て原発に注目をしてきたようです。東電の官僚体質的
対応は絶対に許せないということですね。

新聞で太平洋プレートのことを見ておりますと、これなんですが。
http://www.selesys.net/blog/pure-tokita-------.jpg
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Plates_tect2_ja.svg
日本近海のプレートを見ていますと、面白いことにユーラシアプレートと
北アメリカプレートの境目が、事実上西日本と東日本を区分けしている
んですね。
糸魚川静岡構造線とかフォッサマグナと言われているやつです。
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B3%B8%E9%AD%9A%E5%B7%9D%E9%9D%99%E5%B2%A1%E6%A7%8B%E9%80%A0%E7%B7%9A
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%83%E3%82%B5%E3%83%9E%E3%82%B0%E3%83%8A

私は四国の人間ですから、西日本に知り合いが多いわけですが、その北限
は不思議に静岡と富山のラインになっているんですよ。(笑)
それよりも以北になると、ちょっと人間的に感じが違うなあって思うんですね。
これって以前から不思議だなあって思っていたんですが、そうか、プレートが
違っていたのか、ヤツらは北米プレートの人間だったのかって。(笑)
東日本の東人(あずまびと)は冗談が通じないというか真面目すぎるというか、
非常に信頼は置けるんですが、なんというか面白くない。ラテン系とピューリタン
くらいの違いがあるんですね。無論こっちはラテンのいい加減な人間です。

ちなみに海外的なセンスというのは、圧倒的に西日本の人間がマトモですよ。
東北や関東の人間に任せていると、とんでもないことになるのは先の大戦
や戦前の対中国でこりごりしていますからね。
明治維新をやったのは西日本の人間ですし、昭和に入って日本を潰したのは
東北や関東の人間(その出身の軍人)ですよ。こういうことを言うと叱られそう
ですがね(笑)。しかし朝鮮出兵をしたのは関西のやつ(秀吉です)で、元寇
を防いだのは鎌倉北条氏です。まあ、失敗も成功もあるわけで、西日本と
東日本の人間達がそれぞれの特徴を生かした国家経営をしているんだなあ
って思います。

それで最初の日本近海プレートを見てみますと、相模トフラの伊豆半島は
フィリッピン海プレートであって、西日本のユーラシアプレートでもないし、
東日本の北米プレートでもないんだということです。
つまり伊豆半島はひっこりひょうたん島であって、大昔はもっと南の太平洋上
にあったということです。それが北上して日本列島にくっついてしまったと
いうことでしょう。こうして考えると伊豆というのは面白いんですね。
伊豆は伊豆諸島、小笠原諸島と同じくフィリッピ海ンプレートであって、西日本
でも東日本でもないんです。太平洋そのものなんですね。(太平洋プレート
でもないんですが、同じ仲間でしょう)

追伸:朝日新聞、11.03.14朝刊の1面トップの写真は凄いですよ。
http://www.asahi.com/photonews/TKY201103140011.html
これですが、明日になれば変わってアクセスできなくなるでしょう。
震災地で一人の女の子が泣いている写真です。
もう戦場での写真と一切変わりません。
信じられないほどの多くの方が命を亡くし、それに数倍する人達が
悲嘆に暮れています。この悲しみを共有することから全てが再び
始るものと信じております。

kusanagiさん

> 追伸:朝日新聞、11.03.14朝刊の1面トップの写真は凄いですよ。
> http://www.asahi.com/photonews/TKY201103140011.html
> これですが、明日になれば変わってアクセスできなくなるでしょう。
> 震災地で一人の女の子が泣いている写真です。
> もう戦場での写真と一切変わりません。
> 信じられないほどの多くの方が命を亡くし、それに数倍する人達が
> 悲嘆に暮れています。この悲しみを共有することから全てが再び
> 始るものと信じております。

何か未だに現実の事とは思えないくらいです・・・
こちらの写真もリアルすぎて言葉が出ません。
まさに戦場そのものですね。
早く復興することを祈るのみです。

こんばんは。

ただ今ニュースが流れました!
静岡県では深度6前後でしたが…
makotoさんのところは大丈夫でしたか?
心配です。

ちょっとくどいようですが・・・
毎日新聞11.05.15朝刊の最終紙面の写真も素晴らしいです。
http://mainichi.jp/select/weathernews/20110311/
不明だった家族の再会シーンです。
こちらは紙面ダウンロードが可能です。

昨日の朝日のトップ紙面写真は大きくて、実際の紙面で見ますと、
被害者の女性の顔が見えるのです。彼女の顔は泣き濡れては
いますが、しっかりと眼前の現実光景を避けることなく見据えて
いるんですね。薄目を開けながら見ていて、感情の高ぶりを抑え
ることができなかった、そういう微妙な表情すら写しとめられて
いる写真なのです。

彼女の家はもう何処にあったのかも分からないほどに破壊され
ています。その喪失感、いやそれどころか大切な家族の安否
すら分からない極限の状態だろうかと思われます。
しかし現実は常に目前にあるのです。それがどんなに辛く耐え難い
ことであろうとも、それを見ないで済ますことはできないのです。

撮影者のカメラはおそらくニコンD3に80-200を着けて撮ったものと
思われます。私であればこのシーンに20カットくらい撮るでしょう。
そう、写真撮影をやっているものにとっては、写真一枚見ただけで
この撮影現場の状況が手にとるように想像できるようになるのです。
それは写真撮影を趣味とするものの特権でありますし、同時により
リアルにその場の状況を想像し得るという心の重荷も負うことにも
なるわけです。

テレビの映像シーンよりも、新聞やグラフ誌の静止画写真は、見る
ものにとって、深く深くもの事の本質に迫る自らの想像力を発揮
させる働きをします。
ぜひとも各誌の写真を避けることなく見続けてください。良い写真
であれば、それを永遠に心の中に留めおくべきなのです。
それが写真の力であり、写真を行う者の義務でもあるのです。

それからこういう報道写真や戦場の写真などは、一般に残酷であると
思われているかもしれませんが、カメラマンはけっして残酷を好んで
撮るわけではないのです。
やはり美しいもの、素晴らしいものを撮るのがカメラマンなんですね。
表面だけ見て残酷シーンだというのは写真をやったことがない人が
いうことですね。

今度は静岡県東部で大きな地震があったようですが
そちらは大丈夫ですか?

KENTさん

> こんばんは。
>
> ただ今ニュースが流れました!
> 静岡県では深度6前後でしたが…
> makotoさんのところは大丈夫でしたか?
> 心配です。

揺れました。
でも大したことはありませんでした。
東部は結構揺れたみたいですね。
これがキッカケで東北のような地震が起らなければ良いのですが・・・
ご心配頂きありがとうございました。

kusanagiさん

確かに感情の表現が素晴しいですね。
見て状況が読み取れるのは確かです。
ただ、それを人に伝えるという行為に繋がるかは何とも言えませんね。
私は未熟なんでしょうね。
こういう状況でカメラを構える自信はありませんね・・・
実際に遭遇して見ないと何とも言えませんが・・・

小林さん

> 今度は静岡県東部で大きな地震があったようですが
> そちらは大丈夫ですか?

割と揺れましたが、大丈夫でした。
地震多いですね・・・
この先の不安が募ります。
そういえば、小林さんも茨城でしたね。
茨城の方が大変だったことと思います。
ご心配下さりありがとうございました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。