夕景

近くの橋の夕景ですが・・・
空と街灯の色が何となくいい感じで撮りました。
特に伝わるものが無い写真ですなー

_D3_3794m.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

橋の下に青く見えているのは川の水でしょうか?水量が多いんですかね。
なんでもないような写真と言われますが、こういうのを撮るのも良いのではありませんか。
私もありふれた工場地帯なんかをブラッと撮影に行くことがありますから。

こちら、やっとまともにニコンD2Xの撮影をおこないました。マラソン大会があったんで、
そのスナップ撮影ですね。撮影日よりも良く、やはり画質は絶品ですね。やや薄曇だ
ったので望遠効果が大きくでました。
クロップ撮影も試しましたが、やはり使い勝手が不便ですね。撮影中に狭められた
フレーム枠を忘れるんですよ。(笑)

同時に新規導入したオリンパスE-30も試しに撮りましたが、画質調整がまだだった
ので大きく失敗。ディフォルトでは超コントラスト画質になるんですね。前のユーザー
はさらにコントラストを上げたモードにしていましたから、一体どういう目をしているのか
不思議に思うほどです。
こちらは中古カメラ専門ですから、前ユーザーのカメラ設定を見る機会が多いんですが、
ほとんどはコントラスト・彩度・シャープネスはドギツイ設定をしているんです。

一度、フィルムカメラをやっている人に聞いたんですが、デジタルはキツイから自分は
フィルムにしているって言うんですね。しかしデジタルでもフィルム画質と同じ設定が
出来るんだということ、さらにPCでの後処理を入れればフィルム以上にフィルムライクに
なるっていうこと、そういうことを多分その人は知らないんじゃないかって思いました。

殆どの人は、デジタルカメラの使い方を何も知らずにやっているんじゃないかなって、
最近は頓に思うようになりましたね。
少し前にお話をした別の人は、こちらがニコンのレンズ、キヤノンの、ツァイスレンズの
違いを画像で見て分かるよっていうと、びっくりしたような顔をするんですね。
この3社のレンズの色味は大きく違うので、普通は誰が見てもモニターで相違を見分け
ることが出来るはずです。それが分からないというのは、カメラやモニターやPCの設定
がデタラメだろうということでしょう。

まあ、こちらは写真マニアというよりも、むしろカメラやレンズマニアと言ってもよいの
かも知れませんけど、しかし画質の調整も何もせずに写真だけバンバンとったところで
それがまともな写真になるとは思えないのですけどね。
以前に、写真は十歳代に始めなければ上手くなれないと言ったかも知れませんが、
これは半分は本当で半分は嘘なんですね。写真の内容そのものは当人が芸術的センス
をお持ちであれば、幾つから始めても上手くなる人はいっぱいいます。
しかし画質のこと、この違いを見分けるのはやはり若い時から写真を始めていないと
無理かも知れないなと思えて来ています。10歳代と言わず20歳代前半も含めて、頭や
眼の柔軟な時に始めないと、その違いが見分けられなくなるんじゃないかなって思い
ますね。

最近は若い女性の写真熱が盛んなのですが、気になるのは使っているカメラが皆さん
ショボイんですね。コンデジ、ハイエンドコンデジ、ミラーレスカメラ、よくて小型エントリー
一眼レフまでです。トイカメラってのもあります。
こういうカメラを使って、自分はアマチュアカメラマンであり、さらには写真家・フォトグラ
ファーであるって思っているようなんですね。それは幾らなんでも自惚れが強すぎるん
じゃないかなって思うんですが、当人達はいたって本気でしてそれで撮った写真を並べ
て写真展なんかをしているんです。

カメラマニアの私からひとこと言わせてもらえば、小さな不十分なカメラで幾ら撮っても
写真は上達しないし、それどころか大切な若い時期の感覚をめちゃくちゃにしてしまう
んではないかって返って心配になります。
フィルムカメラの時代は、レンズの良し悪しだけで済んでいたんですが、デシタルとなって
からは画質調整は全部カメラとPCで出来てしまうようになりましたし、カメラの形も全然
違ってきましたからね。光学式ファインターと液晶ファインダーとは、まるっきり違うわけ
ですから。

私の考えとしては、やはりカメラは中級機種を使うのが初心者にはベストなんでして、
小型のファッショナブルなカメラが流行るっていうのはどうしたものかなって思っています。
写真に関心のない人が小さなカメラを使うというのは構わないんですよ。最初から
期待も何もしていないわけですから。よい影響も悪い影響も受けることがない。
しかし写真にある程度の思い入れがある人がオモチャのようなカメラを使っていては
いけないんじゃないかなって感じますね。

kusanagiさん

結構前に撮った写真で、雨上がりで川の水が多いときでした。
何となく夕空とクルマのライトの軌跡を撮りたくて寄り道したのですが、イマイチ・・・
イメージと違いますね。
何せ、躍動感が全く無い(爆)

ところで、D2Xのクロップは、四隅だけ赤く光るだけなので、完全にファインダーからはみ出します・・
Xsでは改善され、D3でもブラックアウトする仕様になってましたね。
画質は、D3より数段良く、特に中間から暗部に掛けての階調がとても豊かです。
それから、精細感が画素数以上の解像感を見せてくれます。
不満だったのが、ダイナミックレンジとノイズです・・
感度を160にしたくらいから既に青空などベタ面にノイズが出てきます。
その割りに長時間露出はキレイだったり・・・

カメラ女子は増えてるみたいですね。
ある意味楽しみではありますが・・・
この辺りは、ファッションとしてカメラを楽しむ人たちも多いでしょうから・・
それと、携帯やコンデジから一眼に行った人は、高画質に驚くんですよね。
上達云々はそれからってところでしょうか。
私は歓迎です・・・
何せ、撮影に行くとオヤジばっか・・(^^ゞ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。