一輪の・・・

雪面に映った影と1本の樹氷。
まるで一輪の花のようです。

_D3_5374m(一輪の・・)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ムムー、樹氷・・・、の赤ちゃん。
白い所に青黒の大きな木の影。
其処に此れから伸びようとする
幼木。逞しくもありますね。

makotpさん、寒い中、随分と撮影されていますね。
そうそう、遅れ馳せながら、新年明けましておめでとうございます。^^;
今年もよろしくお願いしますと言いたいところですが、こちらは最近とくと撮影から
遠ざかっていますので、もうあまりコメントのネタがなくなって来てるというか。(笑)

以前の、この件ですが・・・
>薄暗い程度なら何とかなりますが、夜間の撮影では、AFが検出できないギリギリ
 程度の明るさでも ライブビューは役に立ちません・・・

イオス40Dはライブビューでも位相差AFしかないので、1Dマーク3と使い勝手は同じ
です。(マーク3と違いライブビューのまま連写が効きます。連写の効用はミラーアップ
したままなので、数ショット撮ればレリーズ・ブレが抑えられるということでしょう)

しかしニコンD700は位相差AF以外にもコントラスト検知AFがありまして、その場合
親指AFボタンを押していくと、ヂッヂッヂッと音をたてながら徐々にピントが合って
いくわけです。(ちょっと時間はかかります)
その時にライブ画面は、被写体が暗い場合にはコンデジのライブビューのように画面
が一時的ですが明るくなるんですよ。ピント検知が終われば再び暗くなります。
これはコントラスト検知AFの操作中だけなので、マニュアルフォーカスでは効かない
ようなのが残念です。

最新のカメラだとライブビュー撮影、うんとしやすくなっているんではないでしょうかね。
http://cweb.canon.jp/camera/eosd/5dmk2/feature-operation.html
これを見ると5Dマーク2では、液晶自動明るさ調整とあります。これはライブビュー時
にも有効なのでしょうかねえ?

イオス40Dではライブビュー時に、絞りボタンを押すと実絞り状態になるわけですが、
その時に一瞬画面が暗くなりますが、すぐさま自動で画面が明るくなります。40Dの
場合、この時にのみ液晶自動明るさ調整機能はあるということになります。(ただし
実絞りボタンが左側にあるので使いにくいのですが)
ニコンD700では、ライブビュー時には絞りボタンが効かないようになっています。
とにかく40Dのように実絞りでライブビューが明るく見えるというのは良いことで、これ
はこれでレンズ開放時のピント移動問題を未然に防ぐことが出来るんですね。


こちらは最近は撮影から遠ざかっているんですが、それでもたまにカメラを持ち出して
みても、以前のような面白さが失せているんですね。何故でしょうね。(笑)
たぶん今までの写真のやり方や考え方を変えろっていう、内なる声が発せられている
のかもしれません。今はそれがはっきりと気がつかないだけで。
少しばかり思っているのですが、自分はこれまで撮影の手法のことばかり考えていて、
関心の写真の内容のことを疎かにしていたと思うんですよ。つまり何を目標にして、
自分が見たいのか表したいのかっていうことを考えてこなかった。

そういうことに少しばかり気が付くようになって、それで今は写真が撮れない、そういう
ことなのかなあって思いを廻らせています。
写真と言うのは自分の欲とか気軽な楽しみの為だけにやっていたのではいけないの
ではないかということかも知れません。
やはり写真というのは撮影する自分だけでは成り立たないわけですね。被写体という
他人様世間様のお陰で写真は成り立っているわけです。そういう大切なことを忘れて
いたなあって、そういうように思い始めています。

いや、大昔はそういう意識でもってやっていたと思うんですが、デジタルになって何時
の間にか忘れ去っているんですね。こういうのはデジタル独特の落とし穴っていうのが
あるのかも知れません。
デジタル機器というのは奇妙に狭隘な自己中心主義に陥ってしまうところがありそう
な気がしているんです。
それで今もう一度、初心を取り戻すために古いデジイチを取り出して使ってみたいという
気分になっています。デジタル黎明期のカメラというのは、今ほどデジタル臭さの度合い
が少ないと言えるんですね。

小彼岸桜さん

> ムムー、樹氷・・・、の赤ちゃん。
> 白い所に青黒の大きな木の影。
> 其処に此れから伸びようとする
> 幼木。逞しくもありますね。

何気ない光景でしたが、
とてもキレイでした。
ここを撮ったあと、ロケハン中に池に落ちました・・・

kusanagiさん

こちらこそおめでとうございます。
本年も宜しくお願いいたします。

実は、以前いただいたアドレスに年賀メールを入れましたがエラーで戻ってきました・・・
アドレス変更されました?


雪は自分のクルマでは近づけないので、友人が行くときに便乗させて貰ってます。
そのためペースを友人に合わせることとなるため、頻度が多いと多くなりますね。

年末に入手されたD2Xでの撮影エピソードなど密かに期待してますが・・(^^ゞ

私も被写体に惹かれないと、最近撮影する意欲は湧かないので、
珍しい環境に無理に遭遇できるような行動をしてますね。
で、心が動くと写欲も湧く・・・
そんな感じで撮影するので、帰ってきてからもPCで見るのが楽しみで・・・
その分、身近なものでは心が動かない・・・

カメラにも興味は少し薄れ気味ともいえます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。