孤独な海

静と動を撮った場所からレンズを更に西に振ってみると・・・
ポツンとサーファーが・・・

_D3_3307m.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

こんばんは。

これなんですよね!
このサーファーの位置と
空の色、そしてmakotoさんらしい素晴らしい構図。
何度は拝見しても唸るばかりです。
素晴らしい(^・^)

そうですね、モノトーンです。
ただしモノトーン効果を狙うとなると撮影条件が限られてきますね。
夜間とか夕暮れなんかですね。それだとまどろっこしいのでモノクロ
にするんです。
ただしデジタル時代ですから完全なモノクロにする必要などないんですね。
例えば僅かに色彩を残す。残す場所もデジタルだと自在にできます。
こういう色彩減衰手法と、もうひとつはわざとホワイトバランスを崩して
やるモノトーンがあるでしょう。青被りさせたりセピア調にしたりするとか。
それからハイキー表現も一種のモノトーンでしょう。ローキーも同じ。
これは白とか黒に偏向したモノトーンですから。(笑)

それからモノクロと言っても、現代のモノクロはカラー時代の新しいモノクロ
なんですね。新聞や雑誌などの広告でカラー印刷(プロセスカラー)なの
に、あえてモノクロ表現をしているのがあります。
通常の墨1色のモノクロ印刷とは違って、カラー多色印刷のモノクロ化は
深みがまったく違います。
デジタルカメラもスキャナも液晶モニターもインキジェットプリンターもすべて、
現在はカラー多色版となっていますから、昔の黒白写真とは当然表現力が
異なってきます。

ところでね、本来は色彩豊富な多色情報を敢えてモノトーンにするのには、
さらには完全なモノクロにするのには、相当の思い切りがいるのじゃないかと
思っています。
私はここ数ヶ月、モニターの輝度を大幅に落とし且つグレイトーン(写真の
言葉でいえばモノクロのローキーにしているということ)見ているんですが、
それが原因だろうと思うんですね、かなり自分の考え方が変わってきている
なと思えるんです。

簡明に言えば、いままで多くの無駄をやってきたのではないか。過剰な
消尽をやってきたなあって感じるんです。
つまり多すぎる情報に振り回されてしまって本当に大切なものを見失って
いたのではないかと言うことです。
要するに環境からの過剰な情報が制限されると、自然に自分の中にある
本来の考え方や生き方が芽生えてくるようになるということでしょうか。
それほどに現代はあまりにもあまりにも情報が多過ぎて振り回されている
ということです。

デジタルカメラは自分で撮るわけで、テレビやネットのような他者からの
他者情報ではないんですね。それなのに写真を撮る人間は自分で自分の
情報汚染(情報過多)をやっている。これは自家中毒というべきか依存症
になっていると言うことか。
まあそういうことに気がついたわけです。(笑)

それでひとつ、予感があるんですよ。つまり自ら情報を制限させた黒白
写真というものをやるということは、その写真趣味の時間だけでも、自らの
考え方や生き方を正常に露出させる働きがあるのじゃなんかなっていう
ことです。これは汚染地帯のなかでのオアシスのようものかな。



シグマSDは最初にリリースされたSD9から使っていますが、満足に使いこな
せなかったいうべきでしょう。SD14になってからやや使いよくなりましたが、
小彼岸桜さんのSD15は進化版ですからもっと使いよいでしょうね。
それよりもっと良くなるのが今度出るSD1です。
シグマは気の長い人でないと使うことができないようで、もしくは気短い人間
でも使っているうちに鷹揚な気分になれるという不思議なカメラです。(笑)

シグマカメラの不思議なことは、SD9/10という古いカメラも現役で使われてい
るということなのです。これはユーザーが満足して使っているんですね。
ですからSD1がリリースされてもSD15を使い続ける人は多いと思われます。
カメラのリリースサイクルが長いと言いますか、それでユーザーも気長になる
ようなんですね。シグマな人ですか。(笑)

シグマを使いこなすには、ボディが低性能ですから、出来る限り明るいレンズ
を使うのがコツじゃないかなって思います。ISO感度やAFの為です。
それとシグマの画像が一番生きるのは近接撮影だと思います。立体感が他
のカメラとは違いますから。望遠のアップでもいいですね。
解像力があるからということで、つい緻密な遠景の風景を撮りたくなるんですが、
やはりそういうのはフルサイズには敵わないと思います。
しかしSD1になりますとレンズ撮影倍率が従来の1.7倍から1.5倍になるので、
また事情が変わってくると思いますね。

KENTさん

> こんばんは。
>
> これなんですよね!
> このサーファーの位置と
> 空の色、そしてmakotoさんらしい素晴らしい構図。
> 何度は拝見しても唸るばかりです。
> 素晴らしい(^・^)

この時間にサーファーが居るのは不思議なくらい暗くなってからの海でした。
じっとしていてくれると、スローシャッターの海と組み合わさって面白い絵になりますね。

kusanagiさん

確かに情報過多の時代ですから、知りたくない情報まで勝手に入ってきます。
反面、知りたい事は知ろうとしても入ってこないこともしばしば・・・
ある程度の処理能力が要求されますね。

モノクロについて、そこまで考えたことはありませんでしたが、
一理あると思いますね。
今後モノクロにするときは、書かれたことを思い浮かべながらモノクロ化したいと思います。

SD1ですか・・・
興味はありますが、今の経済状況では到底無理ですね・・・
でももう少しコンパクトで軽いボディがほしいっす・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。