小さい秋

おしどり隠しの滝へ向かう駐車場の切り株に何故かモミジと茸が・・・
絞りを開放にして、例によってボケボケ写真を・・・
ついでに現像時、レイヤーを重ねてハイキー&ソフトに・・・

_D3_2332m.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ハイキー調の写真は、見るものをして自らの想像力が刺激されるの
が良いですね。いわゆるドラッグ状態のハイになるということで。(笑)
クローズアップのハイキーだけでなく通常光景でもハイキーにすれば
面白そうな。特に逆光状態で。

気の合う写真友達との撮影は、とても楽しい時間となりますよね。
ところでmakotoさん、膝を痛めたとか。
重い機材を担いでの歩きは足腰にダメージが来る場合があります。
特に大型の三脚を担いでとなりますと、これは膝に悪いですよね。
ところで三脚はカーボン製をお使いでしょうか。多少剛性が劣っても
カーボンの軽さは大きな利点となります。カーボンでも小型のやつな
らば、体の負担は最少になります。

若い時に膝をやりますと、一時的に治っても歳をとってから本格的
に症状が出ますので、自由に歩けなくなるんですね。歩くのが億劫
になると、いくら余暇の時間があっても詰らない日々となりますし、
それどころかあらゆる病気の温床にもなるようですね。

kusanagiさん

三脚はスリックのカーボンタイプを使用してます。
重さはベルボンより重いですが、鉄製より随分軽量です。
以前、桜の撮影で少し長い距離を機材背負って歩いたらヒザのお皿の少し外側の下辺りが痛くなり、
登りを歩くと痛みが・・・
無理しなければ数日で治りますが、また歩きすぎると痛くなります。
東京などでのショーで会場を商材探しで歩き廻るときは何とも無いので、やはり機材が効いているんでしょうね。
鍛えるしかないのですが、中々・・・

この写真、個性的ですね。
こういう表現がさりげなく出来る技量には
ただただ、驚かされます。
やはり、写真は感性が必要ですね。

森さん

> この写真、個性的ですね。
> こういう表現がさりげなく出来る技量には
> ただただ、驚かされます。
> やはり、写真は感性が必要ですね。

このレンズの使い方がわからず、何もかもぼかしてしまうことしか考えずに撮ったモノでした・・
そう仰っていただくと張り合いがありますね。
ありがとうございます♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。