雨上がり

キラキラと水滴が宝石のように見えました。
花の色褪せを隠すため、ハイキー調に。

_D3_1967m.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

これはもの凄い発想の彼岸花です。小さな画像では分かりませんから、フォトXP
の拡大画像を見てみますと、ピントが合っているのはたったオシベの先だけ。
花びらはほとんど蕩(とろ)けさせているんです。それが盛り上がる噴水のようにも
見え、全体を見なければおよそ彼岸花だとは思えないほどのボケのディフォルメ。
それから思い切ってハイキートーンにしてしまった。これも彼岸花撮影の常識を破
るものです。
薄紅色と淡い黄赤で占められていて、花撮影の常識を超えてしまった一品ですね。
まったくこれは新感覚派というべきシロモノかもしれません。

デジタル写真にはハイキーが似合う。
以前の反射鑑賞のプリント写真であればハイキーもローキーも自在に表現できたの
ですが、デジタルになり透過鑑賞のモニターでの鑑賞となると、グレア式(光沢)モニ
ターでなければローキーな画像を表現するのは難しいんです。黒が締まりませんか
らね。その点ハイキーの方はどんなモニターでも表現可能です。

(しかしHALさんのバラやヒナゲシの写真を見ているとローキーな表現も出来るんだ
なあって思います。これは輝度の高いペンタックスならではだと思いますね。それと
写真枠がブラックというのにも助けられているか。ちなみに私のモニターはかなり暗
くしています)
http://haru155.exblog.jp/page/8/
http://haru155.exblog.jp/page/7/

写真表現とは要するに、鑑賞者(撮影者自身を含む)の想像力を如何にして飛翔さ
せるのかに掛かっているんでしょう。想像力のスイッチが入らない写真は言わば死ん
だ写真です、スイッチオンならば成功です。生きた写真となります。
花写真において、飛翔力の元になるのはセクシーであるとどうかということも大切な
要素ですね。セクシャルは人間が共に携えて生きるべく原動力ともなるべきもので、
HALさんの華写真には不思議で豊艶な魅力が玉手箱のように詰っています。
makotoさんのこの肉色の彼岸花もセクシャルな妖しさが漂ってきますね。

kusanagiさん

水滴のキラキラを表現したかったのと、赤が褪せて来てたのでハイキーにして目立たなくして撮影しましたが、結果オーライだったようです。
元々彼岸花って良いイメージが無いので、少しでもPOPなイメージだったり、ゴージャスなイメージを取り込めたらと思って撮影しました。
少し前のダイナミックレンジの狭いカメラでは色が出なかったかもしれしませんね。

今晩は!

お~!makotoさんの美しいキラキラ彼岸花ですね(^^)
あの彼岸花をハイキーに美しく表現できるとは、、
本当にお写真拝見するまでは想像もつきませんでした!
可憐さもある女王様のようですね♪
背景を黒く落とすんでしたら私にもできるんですが、、。。
今年は私も明るく写してみたく、週末頑張ってみたんですが
例によってイマイチでした(/_;)赤花は全滅でした・・

☆kusanagiさん
過分すぎる感想をいただいてしまいめちゃめちゃ恐縮です<(_ _)>
ありがとうございました。。
少しでもお言葉に近づけるよう励んでいきたいです。。
黒いスキンはへたっちな写真でもそれなりふうに見えちゃうので(笑)
お気に入りです(~_~;)

haruさん

> 今晩は!
>
> お~!makotoさんの美しいキラキラ彼岸花ですね(^^)
> あの彼岸花をハイキーに美しく表現できるとは、、
> 本当にお写真拝見するまでは想像もつきませんでした!
> 可憐さもある女王様のようですね♪
> 背景を黒く落とすんでしたら私にもできるんですが、、。。
> 今年は私も明るく写してみたく、週末頑張ってみたんですが
> 例によってイマイチでした(/_;)赤花は全滅でした・・
>
> ☆kusanagiさん
> 過分すぎる感想をいただいてしまいめちゃめちゃ恐縮です<(_ _)>
> ありがとうございました。。
> 少しでもお言葉に近づけるよう励んでいきたいです。。
> 黒いスキンはへたっちな写真でもそれなりふうに見えちゃうので(笑)
> お気に入りです(~_~;)

久々の水滴キラキラ条件が揃いました。
ただ、昔のように望遠マクロが無いので・・・
水滴の着き易い、彼岸花やコスモスは面白いですよね。
次はコスモス系を狙わないと・・・

haru坊も是非、トライして!
きっと素晴しい一枚をモノにするでしょう♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。