FC2ブログ

日が傾く海原

西伊豆の国道の路肩からです。
この微妙な色合いが何とも美しかったです。
静かな時が流れてました。


_R8W5321m.jpg
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

日が傾いた静寂な海の写真をみていると
「ああ、暑いと云ってもいよいよ
夏もおわりかー」とホッとする反面
一抹の寂しさを感じます。
でも、現実は残暑が厳しいですね。

今晩は!

明るい卵色の空と、バラ色に染まった静かな海、、美しいですね~♪
赤く染まった夕景?!も、いいなって思うのですが
このような静寂感に満ちた、穏やかな景色も好きだなぁって思います。。
画集を見るのが楽しみだったターナーの画とか思い出されます!
手前の船が絶妙な位置ですね!(^^)!

確かにこういう海をごらんになっていれば、絶対風邪はひかないだろうな~って
そんな気がしました♪

小彼岸桜さん

> 日が傾いた静寂な海の写真をみていると
> 「ああ、暑いと云ってもいよいよ
> 夏もおわりかー」とホッとする反面
> 一抹の寂しさを感じます。
> でも、現実は残暑が厳しいですね。

確かに海で日が傾き始めると、何となく寂しい感じがしてきます。
逆に海で、日の出前の空が色づく時間帯はワクワクしますね。

それにしても暑いです・・

haruさん

> 今晩は!
>
> 明るい卵色の空と、バラ色に染まった静かな海、、美しいですね~♪
> 赤く染まった夕景?!も、いいなって思うのですが
> このような静寂感に満ちた、穏やかな景色も好きだなぁって思います。。
> 画集を見るのが楽しみだったターナーの画とか思い出されます!
> 手前の船が絶妙な位置ですね!(^^)!
>
> 確かにこういう海をごらんになっていれば、絶対風邪はひかないだろうな~って
> そんな気がしました♪

haru坊のセンスの良さは、画集等をご覧になってて磨かれてきたものなんでしょうね。
そういう感覚が撮影時に瞬時に働いて、はっとさせられるような見事なショットを切り取られるのだと思います。
海の夕陽、飽きませんね。
もっともっと撮りたいです。

伊豆は、とっても好いですね。この写真は特に瀬戸の雰囲気か漂っています。
ただ瀬戸に比べれば波が大きく、海の向こうに島がない。(笑)
伊豆も瀬戸もよいんですが、今気になっているのが、ここら当たり。

陸中海岸、海のアルプス・・・知床半島より凄いかも。
ttp://www.nihonnotabi.com/iwate/enhoku#r5
ttp://4travel.jp/traveler/kuropiso/album/10401125/

能登半島と富山湾・・・敦賀湾と並ぶ深い湾、背後に立山連峰が。高い山と
深い海は鳥肌が立つほどに好きです。(笑)
良く考えれば太平洋側の、伊豆と敦賀湾と富士に相似するような・・・
ttp://www.geocities.jp/thkyd/minirepo/0709noto/07noto.htm
ttp://www.info-toyama.com/beginner/bay/index.html

瀬戸と良く似ている宍道湖。夕日が綺麗なのは同じ。中四国で唯一の湖かな。
ttp://furusato.sanin.jp/p/area/matsue/1/

室戸岬。いつでも行けるのですが・・・でもしばらくいってないなあ。
巨大な四国山地の山塊が太平洋に沈むのを実感するのは並の人では難しい?
近くの阿南海岸はサーファーが。
ttp://www.geocities.jp/dzztg8_d/road/road08-09.htm

特別編、バイカル湖・・・南洋の島とは対極の世界か。深い深い湖です。
http://www.hiroburo.com/archives/51055788.html
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%AB%E3%83%AB%E6%B9%96
ttp://members.jcom.home.ne.jp/invader/works/works_7_a.html

日本が中国決定的にと違うのは、この四海に囲まれた海があるということ、特に列島
が太平洋に直に面しているということでしょう。
世界最大の大洋である太平洋の存在が日本人と大陸人の気質を根本的に隔てている
という気がしています。
島国日本と言えば矮小な自虐的イメージを持たれる人がいますが、大陸のスケール
より遥かに大きいのが大洋なんですね。これは飛行機で飛んでいたんでは実感でき
ません。やはり船で走らないと。
(瀬戸のよいところは誰でも気軽に船に乗れるということかな)

地政学的に言えば大洋を制するものが世界を制覇します。かつての日本は北太平洋
を軍事的に制しようとして挫折しました。
とは言え、日本人の深層に太平洋フロンティアの遺伝子があるのは確かだと思います。
大洋を知るものは宇宙に想いを馳せることができるのです。

kusanagiさん

リアス式海岸は昔はすごく惹かれましたが、今は比較的、キレイな砂浜に惹かれます。
どちらも海の透明度が重要ですね。
スケール感や迫力なら、北陸や、陸中でしょうか。
伊豆も似たようなところがありますが、ただの絵葉書写真になってしまうので、あまり撮ってません。
ネライを高波やガスにしていくと面白い写真が撮れそうです。
色々見てると、また出かけたくなりますね。