この時期は・・・

いい波が来ます。
特にお盆の頃は見事に波が・・・
で、今日も情報を掴んで朝早めに福田に行って見ました。

とりあえずクルマも直ったし・・・と
ところが、途中でまたエンジン警告灯が・・・
「やっぱりエアフロがだめっ?」
「直ってないじゃん!”」
一気にモチベーションが下がります・・・
連休に入ったとたんにこれですから・・
しかも小雨まで・・・
それでもこの時間にディーラーはやってませんので、撮影に行くことにしました。
予想より波は低いですが、連続的にいい波が入ってますし、小さな大会をやってました。

30分程度撮影して、引き上げ、結局またディーラー行きです・・・
ディーラーでは診断機に掛けてくれ、やはりエアフロが怪しいと・・・
それから4~6番シリンダー側のラムダが故障と出てるとのこと・・・
まともに純正品で修理したら10万コース・・・
無理なので、中古部品が出ないか確認してもらうことに・・・
後はネットで部品を探すしかないか・・・
これだけ連続でトラブるとクルマいらなくなってきますね<`ヘ´>

_D3_0548m.jpg


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

車のトラブルも10万円単位でしょうから
「はい、直ぐに修理に出す」という訳には
いかんでしょうね。
ネットではどんなものでも探せれるようなので
頑張って下さい。

風が出てきてサーフィンに丁度良い波が
出るとか、ちょっとした大会があるとか
の情報も、ネットで調べちゃうのでしょうか。
動きモノを撮るのって、ハンターの気持ち
と同じでしょうね。

小彼岸桜さん

> 車のトラブルも10万円単位でしょうから
> 「はい、直ぐに修理に出す」という訳には
> いかんでしょうね。
> ネットではどんなものでも探せれるようなので
> 頑張って下さい。
>
> 風が出てきてサーフィンに丁度良い波が
> 出るとか、ちょっとした大会があるとか
> の情報も、ネットで調べちゃうのでしょうか。
> 動きモノを撮るのって、ハンターの気持ち
> と同じでしょうね。

朝、コメントの返事を書いたのですが、何故か消えてます(?_?)

修理、とても無理なので、中古部品を探してます。
もしかしたら、海外から輸入しても良いかもしれませんね。
香港辺りで純正部品を取り寄せればそこそこ安いかも。

サーフィンは、行ってみたら大会をやってました。
よほど大きな大会でないとネットに情報はないようです。
ここアクセスが悪くて、途中、未舗装でボコボコなんです。
腹を擦るし、水溜りで汚れるし・・・
補修すると一般車がどんどん入ってくるからでしょう、そのまま放置してあるんですよね・・・

http://www.youtube.com/watch?v=GaKXyehicWw&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=s0Pw7vKtqpo&feature=related
このサーファー、人間業とは思えません。

そうですよ、サンニッパは体力が要るんです。(笑)
れいのシグマの328ズーム、私も買おうかなって喉まで出たんですが、
止めました。(笑)
祭りや夜間コンサートの写真なんかで威力を発揮するのは分かって
いるんですが、まず自分の体力を上げて出ないと失敗すると思いました
からね。
現在の自分の体力ではカメラ+レンズで3キロまです。4キロは無理なん
ですよ。今はどうしても3キロの壁があるんですね。

私も古いマニュアル式タムロンの328は持っているんです。しかしピント
を合わせるのが大変で、その間ずっと重いレンズを保持しておかなけれ
ばならないでしょう。これはすごく腕にきます。
そのタムロンですら2.2キロですからね、シグマズームはもっと重い。

それにしても皆さん、サンニッパはどのようにして使っているんでしょう。
やっぱり三脚使用でしょうか。
イベントで見かける328は、だいたい三脚か一脚で使っています。それで
場所を決めると、その場所から動かないんです。一箇所に留まっての
撮影は私の好みではないので、やっぱり手持で行きたいんですよ。

イベントで見かけるカメラマンで一人だけ手持で撮影する兄ちゃんがいる
んですが、彼も最初は一脚立てだったんです。一脚と脚立で。
それが回を追うごとに身軽になって、まず脚立を捨て、一脚を止めて、
今は手持です。場合によってはレンズフードもなしで。カメラは1Dマーク2と3、
レンズは328と70-200と標準ズームという組み合わせかな。
最初はマーク2だけでしたから、次第に体力をつけてきたということでしょう。
それでもやはり彼の撮影の移動量は少ないんですね。やはり全体の装備
が重すぎって思います。

そんな具合で、328を手持で撮影しているカメラマンは稀ですね。
ただ私も、カメラを1台だけにすれば328も使えるかも、と考えています。
ということは、最も使用頻度の高い70-200のレンズを諦めるということです。
その代わりに、328は短焦点ではなくて、どうしても120-300ズームの
328でなければならないわけです。
328ズームに1D系に着け、やはり1台だけでは面白くないので、標準ズーム
を着けたAPS‐C中級機をサブに、という具合ですか。

私がシグマ・ズーム328を評価するのは、この点なんですね。70-200f2.8
のレンズを兼ねてしまうことが出来る、このメリットです。
それにしてもシグマ・ズーム、レンズとボディ込みで4キロになるわけで、
生半可な覚悟では使えないレンズなのです。

サンニッパは高価なレンズに属します。もっとも重量当たりではもっと高価
なレンズがいっぱい有ります。
その高価なレンズ群で、アマチュアの場合、投資した元が取れるレンズと
いうのはサンニッパだけだろうと考えています。ただしそれは、あくまで手持
撮影でなければなりません。

それは、重いレンズを使うっていうことは、自分の体力のバロメーターになる
からなんですね。もちろん使う毎に体力を増強できる。(笑)
サンニッパより重いレンズもありますが、そういうのは三脚一脚が前提です。
単位重量当たりで328より高いレンズは腐るほどありますが、そういうのは
金さえ出せば誰にでも買える安易なレンズです。

一般のカメラを知らない人が見て、凄いなあって感心してくれるレンズは、
シグマ100-300f4だったのするんです。(これを太くしたが120-300ですか)
なぜならば、そのレンズを私は手持ちで使っているからです。
他の人が使っている高価なキヤノンやニコンのサンニッパを、一般の人は
褒めないんですよ。
なぜならば、そういうレンズは三脚一脚に乗っかっているから。(笑)

高級なレンズを三脚に乗せて、迷惑にも場所を占領し、偉そうに撮影をして
いるカメラマンには、普通の人は親しく声を掛けることもありませんし、評価も
していないということです。
(ただし人がいなくて迷惑にならない場所での野鳥撮影等の場合は別)
一般の普通の人って何も知らないようでいて、実はしっかりと観察しているん
ですね。
そういうわけで、人の声は天の声、私のサンニッパはどうしても手持で使わ
なければならないんですよ。(笑) 

通称サンニッパレンズ、一箇所に留まらず自由な持ち運びでの撮影では、
これ以上重く大きいレンズは有り得ません。
したがってサンニッパを手持でフリー撮影できるということは、ある意味で写真
の奥義、ステータスを極めるということでしょうか。
確か突撃銃のベストセラー、カラシニコフAK47が4キロ余だったかと記憶します。
アフリカの少年兵ですら、この自動小銃を手にもって戦うんですね。けっして
三脚に乗せて使うわけじゃありません。

そういえば、日本の名銃、三八式歩兵銃。
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E5%85%AB%E5%BC%8F%E6%AD%A9%E5%85%B5%E9%8A%83
重量 3730g(三十年式銃剣着剣時 4100g) とあります。
ちなみに、自衛隊89式小銃は
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/89%E5%BC%8F5.56mm%E5%B0%8F%E9%8A%83
米軍 M16は M4カービンは
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/M16
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/M4%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%93%E3%83%B3
どうです、軒並みサンニッパクラスでしょう。

手持のタムロン328、持ち運びができるように少し改造するつもりです。
(まずは手持レンズから練習というわけです)
このレンズ、古い設計なので三脚座がティラノザウルスの前脚のように小さく、
左手でレンズを持ちにくいのです。(重いレンズは、普通は三脚座グリップを
手で持つ。軽ければ鏡筒を鷲掴み)
まあタダで貰ったに等しいレンズなので文句も言えないのですが、用品パーツ
を組み合わせて三脚座グリップのようなものを作るつもりです。
これで右手の場合はカメラを持ち、左手の場合はレンズを持てることになる
わけです。
もっとも手持グリップを諦めて、ピントリングを操作し易いような台座をしつらえ、
それを既存の三脚穴に利用しようかなとも考えています。

ひょんなことからサンニッパの話になったんですが、ちょっと大袈裟すぎまし
たね。(笑) 
正直申して、私は328の本当の画質の良さを知りません。ただ明るいレンズ
だから便利かなっていう程度の認識です。300ミリならばF4で充分なのだし、
ただテレコンバーションレンズをかけた時には威力を発揮する。その程度の
認識なんですね。

kusanagiさん

ユーチューブ見ました。
アホですねーおかしいですねー
人間じゃないですねー
さすがハワイです。
波の高さがこちらの20倍くらい高いです。
飲まれたら真剣に死んでしまうのではないかと心配になります。
何せヘリがでてますもんねー

サンニッパは、何か特別の思い入れがありますね。
私もVRサンニッパは手持ちがほとんどでしたが、シグマサンニッパは一脚を使うことがほとんどでした。
重くても、頻度が低くてもやっぱりほしいです。
フードのセットや、なんやらで結構使い始めるまでに手間が掛かるので、億劫になる部分もありましたが、
使うときは気合が入りました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。