FC2ブログ

先が見えない・・・

梅雨明けの日、
近くの海岸に撮影に出かけたら、ガスなのか、潮なのか・・・
視界の悪いこと・・・
そんな状況が返って珍しく、新鮮でしたが・・・
今の日本の情勢のようで・・・
先が見えない・・・

_R8W5184m.jpg
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

潮の水煙?それとも水蒸気でしょうか。
それにしても砂浜が広いです。

ニコン70-300F4.5-5.6VRの話が続きますが、特別に、このレンズ
だからというよりも、最新デジタルレンズを古いカメラに着けますと、
解像感が上がるだけでなく、古いカメラにありがちな白トビも少なく
なるようです。
古いカメラに新しいレンズ。その逆に、色収差を取るニコンD700の
ように、新しいカメラに古いレンズの組み合わせも面白い。
いろんな組み合わせの妙といいますかね、一本調子の使い方だけ
でなく、新旧取り混ぜての使い方、なんか得をしたような気分になり
ますね。(笑)

D700に70-300を手ブレを効かせての夜間コンサート撮影。やっと
実現できました。暑さで疲れての嫌々ながらの撮影、まあ半分記録
係りという感じです。(笑)
数十分の1秒でブレは見事に止まるものの、元々レンズF値が暗い
為、ISO感度は1600に。ということは70-200F2.8レンズとISO設定は
同じだということ。まあ、200ミリより、+100ミリ分稼げたと言うだけか。
カメラって、もう一絞り、シャッタースピード1段分で大変な苦労をする
というか、お金がかかるんですよね。(笑)

ところで、静岡県はプラモデルの一大生産地でもあるんです。
喫茶店で呼んだ週間漫画に、ミニカー製作会社のエブロの創業者
の物語りが出てました。彼は元タミヤの社員だったとかで、その
エブロもタミヤも、静岡県の企業です。
静岡県ってプラモデルのホビー博があるくらいで、そういゃあ鉄道
模型趣味の知り合いも去年行ったとかで、こちらは全然プラモには
関心がないんですが、延々と見物話を聞かされましたよ。
静岡県って自動車・バイクや楽器だけでなく、本とに何でも作って
いるんだなあ。
http://www.pref.shizuoka.jp/j-no1/m_pmkit.htm
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q118160396
http://www.mni.ne.jp/~mm.okano/oya4.htm

そのエブロの木谷真人氏が漫画(*)で語っていましたが、エブロの生産
自体は中国でやっているんですが、当初は品質管理で随分と苦労を
されたんですね。その苦労話が漫画のストーリーというわけです。
(*小学館ビッグコミック8月増刊号/クルマ馬鹿・スーパースター列伝
田中むねよし ttp://big-3.jp/bigcomic/zoukan/index.html)
それで、最近は木谷氏の出身地である宗谷の稚内でも一部作っている
ようですね。調べると・・・
ttp://docs.google.com/viewer?a=v&q=cache:34H8a-8cmfEJ:www.pref.hokkaido.lg.jp/NR/rdonlyres/6CA299FB-0771-4088-9F45-C0830195C886/0/003jirei1424.pdf+%E3%82%A8%E3%83%96%E3%83%AD%E3%80%80%E5%AE%97%E8%B0%B7%E5%B7%A5%E5%A0%B4&hl=ja&pid=bl&srcid=ADGEESh_KBmh-jiQL98dulkIKzt6YhjR4IsAWHK6b1QKJWHLOkIbZ4RBwfHdZpc6uRFtcgVYdcV_oGUraLACxTUTFhfPcoUddFQ4HEzWxnFs78jUqYVJWPdwv78c2LtEuGSWgmc31dDp&sig=AHIEtbQaRi2runDX-8--t3Js_MPMIJDGRg
長いですが、これのPDF15番、42-3ページの記事です。

株式会社早坂組とあって、なんと土建屋さんですね。エブロと提携して、
1/5モデルの製作をすると。
どうやら一品モノの超高級モデルの製作です。
それで木谷氏が言っていることに、やはり日本人のモノ作りの技術や
精神というものは、これは生半可ではなくて、もの凄いものがあるのだと
いうことです。ずっと中国でモノ作りをやって来た人が言うわけで、非常に
説得力がありますね。

さらに、こういうのもありました。
ttp://www.ebbro.co.jp/company.html

kusanagiさん

初めて海岸まで歩いた場所でしたが、海が見えない(ガスで)砂丘を歩くのって暑さも手伝って、音だけ頼りで
水辺に近づく感じが何とも言えない感覚でした。
意外と堤防から距離がありました。
この辺り、砂丘は昔から有名ですが、超有名な中田島や浜岡は、砂丘が短くなってしまい、道路から海が見える状態・・・
昔は、砂の山を3つも4つも越えないと海が見えませんでした・・・
天竜川のダムの影響で地形が変わってしまっているようです。
それに対して、ここの砂丘は伸びてる感じです。

旧ボディに新レンズは確かに面白いですね。
D1Hに最新のサンニッパとか・・・

プラモデルは、静岡市付近が主力ですね。
タミヤ、バンダイなどもありますし。
こちら袋井は何もないです・・・
静岡県って結構閉鎖的なところ(特に静岡市)なので、県全体で盛上げていく感じもあまりありませんので、
浜松=オートバイ、静岡=プラモデル ってところがそれぞれ勝手に盛上げる感じですね。