FC2ブログ

アジサイの咲く頃

以前D1Xで撮ったパターンと類似ですが・・・
今回は、前回の反省点を踏まえて撮影しました。
前回は、露出時間をテキトーに設定したため、列車軌跡が中途半端に短く・・・
今回は、NDを使い4秒を4枚連写し、フォトショップでコンポジット。
最後の停車したショットのみレイヤーをスクリーンに変更し、透明度を調整して仕上げました。
会社帰りの寄り道でした・・・

_I3A5120m.jpg
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

凄い技術の写真で、到底我々の
ごときの者には出来ない芸当です。
透明列車、赤い光の帯を引っ張りながら
走る列車、と、いう感じですかねー。

処で、東日本修理センターから電話がありました。
ローパスヒルターの交換のようです。
費用は3万円以下で済みそうので
交換修理して次期の5D③まで使おうと
思ってます。

こんばんは。
会社帰りでお疲れなのに、、、
やっぱりmakotoさんは鉄人ですね~♪

紫陽花を絡めたこの一枚!
難しいことは解りませんが、私の心に見事に刺さりました(^^)v
すげーぞ!おい^^

小彼岸桜さん

> 凄い技術の写真で、到底我々の
> ごときの者には出来ない芸当です。
> 透明列車、赤い光の帯を引っ張りながら
> 走る列車、と、いう感じですかねー。
>
> 処で、東日本修理センターから電話がありました。
> ローパスヒルターの交換のようです。
> 費用は3万円以下で済みそうので
> 交換修理して次期の5D③まで使おうと
> 思ってます。

全然大した作業はしてないんですが、言葉で書くと難しく感じますね。
多重露出みたいなものです。

5D、災難でしたが、思ったより小額で治るんですね。
ローパスの交換だけだからでしょうか、以前聞いた話しだと10万コースでジャンク行きになったという話しがありまして・・・
これから一段と愛着が湧きますね。

KENTさん

> こんばんは。
> 会社帰りでお疲れなのに、、、
> やっぱりmakotoさんは鉄人ですね~♪
>
> 紫陽花を絡めたこの一枚!
> 難しいことは解りませんが、私の心に見事に刺さりました(^^)v
> すげーぞ!おい^^

帰宅後出かけるのはパワーが必要ですが、寄り道程度であれば何とか・・・
通り道、アジサイが咲き始めてるのを見てて、何となく撮りたくなりました。

意外とアジサイを絡めるポイントってないんですよ。

こちらでもこんにちは!

幻想的なお写真ですね~♪
手前の深い藍色の紫陽花と、透明感のある赤い光の軌跡の組み合わせがなんともいえませんね(^^)

なんか凄い技術だな~って思われます!
季節感溢れるお写真を拝見して、、最近写真サボっていたのんですが、少し撮りに行こう!って気持ちになれました♪

haruさん

> こちらでもこんにちは!
>
> 幻想的なお写真ですね~♪
> 手前の深い藍色の紫陽花と、透明感のある赤い光の軌跡の組み合わせがなんともいえませんね(^^)
>
> なんか凄い技術だな~って思われます!
> 季節感溢れるお写真を拝見して、、最近写真サボっていたのんですが、少し撮りに行こう!って気持ちになれました♪

これを会社の帰りに撮って以来、何も撮影してません・・・
ネタも古~い在庫以外なくて、更新する気力もイマイチってことで・・・
ここ最近手抜きです・・・
何か撮らないといけませんね・・・

>以前、F5.6というカメラ雑誌にあった岡嶋氏の波の流し撮りご存知でしょうか?
私も真似して撮ったものをここにアップしてますが・・・
えーっと、これですよね。
http://makoccyan.blog85.fc2.com/blog-entry-869.html#comment
スローシャッターでの流し撮りだったんですか。ずっと波の山を追って
いったんですね。波という本来は物質ではない動体を追うという発想
が素晴らしいですね。

スローシャッターの魅力っていうのは、私も今回の撮影で再発見を
しているんですが、このコンポジット写真でも、NDフィルターでもって
たいへん興味深いことをなされていますね。
4秒露出×4回=16秒露出とかですが、なるほど車体上部の3連ライト
は移動中が3回+停車中で4回分とわかります。しかし車体前部方向
から後方に引いているライトは何だろうかと不思議ですね。
http://photoxp.daifukuya.com/exec?board=canon&action=index&start=75&num=15
http://image.daifukuya.com/image/canon/73/51786.jpg

三脚を立てての撮影では背景が変化しませんから、移動した部分
のみを摘出したユニークな表現が可能となるんですね。
レールにライトが照らされている状態まで見えて来て、デジタル撮影の
凄さに心底驚かされる思いです。これは超一級の写真となっています。
参考までに昔のD1Xでの試みは、
http://photoxp.daifukuya.com/exec/nikon/8982
3年間で格段に進歩しているのが垣間見えますね。デジタル写真は
能力のある人には大きな進歩のチャンスを与えるという格好の例にな
っています。

今回の場合、スローシャッター撮影でありますが、同時に連写撮影で
もあるんですね。デジタルカメラとは即ち連写撮影でもあるわけで、
その連写機能を、このように組み合わせて1枚の作品にすることが
できるということ、これはたいへん勉強になりました。
スローシャッター写真には、何と言いますか写真としての本質的な
哲学が見えてくる、そういうような気がしています。

kusanagiさん

> >以前、F5.6というカメラ雑誌にあった岡嶋氏の波の流し撮りご存知でしょうか?
> 私も真似して撮ったものをここにアップしてますが・・・
> えーっと、これですよね。
> http://makoccyan.blog85.fc2.com/blog-entry-869.html#comment
> スローシャッターでの流し撮りだったんですか。ずっと波の山を追って
> いったんですね。波という本来は物質ではない動体を追うという発想
> が素晴らしいですね。
>
> スローシャッターの魅力っていうのは、私も今回の撮影で再発見を
> しているんですが、このコンポジット写真でも、NDフィルターでもって
> たいへん興味深いことをなされていますね。
> 4秒露出×4回=16秒露出とかですが、なるほど車体上部の3連ライト
> は移動中が3回+停車中で4回分とわかります。しかし車体前部方向
> から後方に引いているライトは何だろうかと不思議ですね。
> http://photoxp.daifukuya.com/exec?board=canon&action=index&start=75&num=15
> http://image.daifukuya.com/image/canon/73/51786.jpg
>
> 三脚を立てての撮影では背景が変化しませんから、移動した部分
> のみを摘出したユニークな表現が可能となるんですね。
> レールにライトが照らされている状態まで見えて来て、デジタル撮影の
> 凄さに心底驚かされる思いです。これは超一級の写真となっています。
> 参考までに昔のD1Xでの試みは、
> http://photoxp.daifukuya.com/exec/nikon/8982
> 3年間で格段に進歩しているのが垣間見えますね。デジタル写真は
> 能力のある人には大きな進歩のチャンスを与えるという格好の例にな
> っています。
>
> 今回の場合、スローシャッター撮影でありますが、同時に連写撮影で
> もあるんですね。デジタルカメラとは即ち連写撮影でもあるわけで、
> その連写機能を、このように組み合わせて1枚の作品にすることが
> できるということ、これはたいへん勉強になりました。
> スローシャッター写真には、何と言いますか写真としての本質的な
> 哲学が見えてくる、そういうような気がしています。

以前は、クッキリシャープな写真ばかり狙ってましたが、ここ最近はボケボケや、ブレブレに興味があるんですよね。
ただ、この辺のセンスが中々うまくイメージできなくて・・・
見せて頂く作品では「おー凄い!参考にしよう・・・」と思っても、いざ撮影時には最初にイメージできないんです・・・
徐々に慣れるしかありませんが、この辺りのハードルをクリアーすると、次のステップに登れる気がしますね。
やはり、撮影前に出来上がりのイメージが出来ないと、説得力や訴求力のない写真になってしまいがちですから、できるだけイメージして撮るようにしてます。
そんな意味では鉄道写真などは、フレーミング時には、被写体がそこにないというのがポイントで、あると仮定してイメージを膨らませるので面白いんでしょうね。
スローシャッターは肉眼で目にすることが出来ない世界というのが人を惹き付ける魅力があるんでしょうね。